会社を辞めたい理由のベスト3って何なの?|転職での疑問

会社を辞めたい理由のベスト3って何なの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、会社を辞めたい理由のベスト3、についてです。

会社で我慢することが難しい不満を抱え、会社内で解決することが難しい、と判断すると、その会社を辞めて、転職することを検討したくなります。

その会社を辞めたい理由って、人により異なるとは思いますが、おおよその人が同じような理由で会社を辞めたい、と思っているのが現実です。
では、会社を辞めたい理由のベスト3って何かをご存知ですか?
いわゆる転職の三大理由です。

以下では、その会社を辞めたい理由のベスト3(転職の三大理由)と、その理由を転職活動中の面接で直接伝えていいか、について整理しましたので参考にしてくださいね。

1.人間関係・上司

いつの時代であっても、全ての年代で、人間関係、特に上司との関係の不満が、会社を辞めたい理由のトップとなっています。

私もそのような経験を2回ほど経験をしていますが、人間関係がうまくいかないと、やはり辛いものです。
人生の中で、仕事に費やす時間は非常に長いため、嫌な人間と一緒に仕事し続けていくことは本当にキツいものです。

特に上司との関係が良好でなく、その上司からダメ出し・罵倒を繰り返されたりすると、精神的に滅入ってしまい、心の病を発症してしまう場合も少なくありません。

そういう場合は、是非、転職を検討すべきです。

では、転職活動の面接の中で、転職理由について、人間関係・上司に不満があった旨を直接伝えてもいいものでしょうか?

その答えは「ノー。」です。

人間関係の問題で転職を決意したことを面接者に伝えると、どうしても、

「うちの会社でも人間関係で揉め事を起こしてしまうのではないか?」
「人間関係を理由に、またすぐに辞めてしまうのではないか?」

と思われてしまう可能性が高いからです。

このような、人間関係の問題で転職を決意した際の、面接時の回答例とその説明については、

にて、詳しくご説明していますので、参考にしてくださいね。

2.仕事内容

人間関係に続いて、会社を辞めたい理由に挙がるのが、仕事内容に関する不満です。

繰り返しになりますが、人生の中で仕事に費やす時間は非常に長いです。
ですから、その長く費やす時間で行う仕事について、人は「やり甲斐」を求めるものです。

ところが、長く仕事をしていると、

  • 行きたくない部署(イコールやりたくない仕事)に異動させられた。
  • 長く同じ仕事ばかりさせられ、つまらない。
  • 仕事は変わっても単純な作業ばかりで、自分がキャリアアップしていくイメージを描けない。

といった、仕事内容に対する不満を持つ方は結構多いものです。

そういう不満を、社内で解決できそうにない場合は、転職をおすすめいたします。

では、転職活動の面接の中で、転職理由について、仕事内容に不満があった旨を直接伝えてもいいものでしょうか?

その答えは「イエス。ただし、うまく表現することが必要。」ということになります。

ただ、事内容が合わないから転職を決意しました、と言うだけでは、我慢の出来ない人と思われてしまう可能性が高いです

ですから、

  1. 私は、仕事が合わないなりにも頑張ってきた。
  2. でも、やり甲斐を感じられないため、考えられる対策を講じてきた。
  3. しかし、何も改善されず、これ以上我慢することは自分のキャリアに悪い影響を及ぼすと判断した。

という流れで、転職を決意した正当性を伝える必要があります。

このような、仕事内容の問題で転職を決意した際の、面接時の回答の1例とその説明については、

にて、詳しくご説明していますので、参考にしてくださいね。

3.給与・評価

人間関係・仕事内容に続いて、会社を辞めたい理由に挙がるのが、給与・評価に関する不満です。

  • 仕事を一生懸命に頑張って成果も上げてきているのに、周りの同期に比べ評価が低く、役職も上がらず、結果的に給与も低い状態であることに不満を感じてしまう。
  • 会社のために一生懸命尽力しているつもりなのに、学生時代の友人との飲み会で話すると、同じような仕事をしている親友の方が羽振りがよく、自分の勤務している会社の給与が業界水準よりかなり低いことに気づいてしまった。

上記した2例のようなことになってしまうと、転職を考えてしまいたくなりますよね。
そういう不満を感じた場合は、転職を検討してみてもいいのではないでしょうか?

では、転職活動の面接の中で、転職理由について、給与・評価に不満があった旨を直接伝えてもいいものでしょうか?

その答えは「イエス。ただし、うまく表現することが必要。」ということになります。

ただ、給与・評価に不満があるから転職を決意しました、と言うだけでは、仕事内容に不満がある時と同様に、我慢の出来ない人と思われてしまう可能性が高いです

ですから、ダイレクトに給与に不満がある、という表現は避け、会社の評価制度が課題であった、という表現に言い換えるようにしましょう。

このような、給与・評価の問題で転職を決意した際の、面接時の回答の1例とその説明については、

にて、詳しくご説明していますので、参考にしてくださいね。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする