職場で不満が多くても耐えるという選択肢はありなの?|転職での疑問

職場で不満が多くても耐えるという選択肢はありなの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、職場で不満が多くても耐えることについてです。

職場での不満、と言っても、そのレベルにはいろいろあります。
5段階に分けると以下のような感じになるでしょう。

  • レベル1:不満はない
  • レベル2:不満が少しある
  • レベル3:不満はあるが、まだ我慢できる範囲
  • レベル4:不満がかなりあり、我慢の限界が近い
  • レベル5:不満だらけでスグにでも辞めたい

レベル1の場合、転職を考える必要はないですよね。

レベル2の場合も、転職は不要でしょう。
どんな仕事をしていても、少しの不満はあるものですから。
それを耐えられないということであれば、どんな企業に転職しても、すぐにまた転職を考えてしまいますよ。

一方、レベル3以降の状態であれば、具体的な解決策に取り組んでいくべきです。

今の職場での不満を解決するための基本的な考え方は、

  • まず、今の会社でその不満の解決策を打ってみる
  • それが実現できない場合は転職を考える

です。
これについては、仕事をやめたい。そう思ったら何をするべきなの?で、詳細をご説明していますので参考にしてみてください。

職場での不満の解決策の基本は上記の通りですが、今回は、レベル3以降であっても、その職場で不満を耐え続ける、という選択肢があるのか、ないのか、について以下で整理してみました。
ケース分けして考えてみましたので、あなたがどの状況であるかに基づいて、確認してみてくださいね。

1.耐えて心身に影響が出そうな場合

残業時間が非常に長い、休日出勤が多い、などに伴って、労働時間が非常に長い場合や、上司のパワハラを受けていて、心の病を患う危険が非常に高い場合、などがこれに該当します。

このような場合はスグにでも転職を考えて、今の職場を離れるようにしましょう。
耐えることにはリスクしかなく、絶対にオススメできません。

この状態を耐え続けて、心身の健康を害すると、人生を棒に振る、取り返しのつかない事態になってしまう可能性もありますので、早期に転職できるように取り組んでください。

2.耐えて心身に影響が出ないと思われる場合

この場合は、以下の2つのケースの分けられます。

①今の会社に残るメリットがある場合

例えば、年収が他の企業に比較して高く、収入面でのメリットがある、とか、他の企業に比べて年間休日数が多く、プライベートの時間が充実している、というケースです。

そういう場合、ずっと耐え続けるという選択をする必要はないですが、しばらくは今の会社で耐えてみるのもいいではないかと考えます。
ただ、単に耐えるだけでなく、将来的な転職も視野に入れ、求人情報の収集は開始してみるべきでしょう。

転職活動は長期戦を想定すればするほど、たくさんの求人に出会う事が出来るため、より有利な転職が出来るメリットがあります

慌てて、1・2ヵ月で決め急がず、条件のいい求人をゆっくりと探すために、今の職場で少し耐えるという選択はオススメ出来ると考えています。

②今の会社に残るメリットがない場合

この場合は、耐える意味なんて何もないのではないでしょうか?

私は、我慢の先に素晴らしい未来などない!「転職のススメ」、でもお伝えしている通り、基本的に今の不満を我慢し続けていいことなんて絶対にない、と考えています。

今の会社に残るメリットが全くないのであれば、スグにでも転職活動を開始するべきです。
初めての転職で、転職活動の方法があまりわからない場合は、転職を成功させるノウハウはこれだ!を参考にしてみましょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする