転職エージェント・転職サイトのおすすめはココ! 転職成功者が推奨

多数ある求人情報の収集先の中でも、最も活用をおすすめするのが転職サイト・転職エージェントです

そこで、以下では転職サイトと転職エージェントの違い、および、定番の転職サイト・転職エージェント、についてご紹介いたします。

1.転職サービスの種類と活用方法

まずは、転職サイトと転職エージェントの違いを表で見ていきます。

①転職サイトと転職エージェントの比較

転職サイト転職エージェント
モデル公募モデル斡旋モデル
サービサー側の収益求人の掲載料金入社決定時の企業からの紹介手数料
求職者の登録サイトに登録サイトに登録
企業の求人サイトに掲載転職エージェントがお預かり
求人検索自身でサイトにて求人検索転職エージェントが求人に合う求職者を検索し、該当者にメールでオファー
応募自身で応募転職エージェントが企業に推薦
面接自身で面接自身で面接(転職エージェントが同席の場合あり)
年収交渉自身で交渉転職エージェントが交渉
メリット自分自身で求人検索・応募できる                 年収交渉など、各種作業を転職エージェントが代行

上記の通り、転職サイトと転職エージェントは仕組みが違います。

それぞれにメリットがありますので、どちらかだけを活用するのではなく、両方を併用していくのが望ましいでしょう。

②転職サイトについて

転職サイトとは、ネット上で求人情報、転職活動に関連する各種ノウハウを提供するサイトのことです。

転職サイトでは、サイトにて自分の職務経歴や希望条件を入力して、希望の求人を検索し、自ら応募することになります。その後も、企業とのやり取り等含め、全ての手続きを自身で行うことになります。

一般的には、年収があまり高くない求人が多い傾向にありますが、ハイクラス求人が多いビズリーチ等の例外もあります。

また、日経キャリアNETやビズリーチのように、登録しておくと、各種の転職エージェントからオファーのメールをいただける転職サイトも存在しています。

③転職エージェントについて

転職エージェントとは人材斡旋サービスのことです。

サイトにて自分の職務経歴や希望条件を登録しておくと、転職エージェントの担当者からマッチすると思われる求人の紹介が届き、その後の企業との交渉や各種手続きも、その担当者にて進めてもらえます(履歴書・職務経歴書も転職エージェントの担当者に提出)。

プロスポーツの世界などで、選手に代わって契約や年俸交渉を行う代理人がいますが、それに似ていますね。大きな違いは、個人(求職側)からではなく、企業(求人側)から紹介手数料を受け取ることです。求職者側からすれば、無料で各種のサービスを得られるため、非常に便利です。

転職エージェントは、転職サイトに比べ、高年収求人(600万円~)が多い傾向にあります。

転職エージェントは、ここで取り上げる大手以外にも、規模は小さいながらも、特定業種・職種に特化した中小の転職エージェントも多数あります。そういう企業は、転職サイトである日経キャリアNETやビズリーチに登録された求職者情報をもとに、オファーのメールを送ってきます。

④転職サービスの活用方法

私は、初めての転職、2回目の転職時までは、転職サイトやハローワークを活用しましたが、その後は、ずっと転職エージェントを活用して転職しています。

やはり、様々な交渉を転職エージェントの担当者に対応いただくのは心強いですし、私にマッチした求人を多数紹介いただけたからです。

とは言っても、私は今でも転職サイトにも登録しています。そして、各々1・2社とかではなく、現在は合計で12社のサービスに登録をしています。

理由は、各々の会社・サービスが保有している求人が異なるからです。重複した求人もありますが、全く同じということはありません。

転職は、企業と個人の「縁」で決まるものです。そして、その「縁」は自分で引き寄せるべきものです。ですから、私は多数の転職サイト・転職エージェントへの登録をおすすめいたします

履歴情報や職務経歴情報の初期登録は結構面倒です。ただ、履歴書、職務経歴書作成のポイントに基づいて準備したドキュメントに基づいて、ひとつのサービスに登録を完了してしまえば、その登録情報を利用して他社への登録を8割程度コピペで対応出来ますので、ここの手間は絶対に惜しまないようにしましょう。

2.おすすめの転職サイト・転職エージェント

以下に、評価の高いおすすめ、定番の転職サイト・転職エージェントを記載しましたので、是非、それらのサイトに一度アクセスしてみてください。

各社の詳細な特徴については、超おすすめの転職サービス6つについては以下でも詳しくご紹介しておりますが、先ほど申し上げました通り、各社の所有する求人が異なりますので、出来るだけ多数の登録をおすすめいたします。

①おすすめの転職サイト

転職サイト名をクリックすると、各転職サイトのホームページにアクセスできます。

No転職サイト名コメント
1.ビズリーチ
超おすすめ
会員制でハイキャリア向け求人多数。企業や転職エージェントからも多数のスカウトメールが届く。
2.日経キャリアNET
超おすすめ
登録すると、転職エージェントからもスカウトメールが届く。ハイキャリア向け。
3.リクナビNEXT
超おすすめ
リクナビNEXT限定の求人が非常に多く、スカウト登録すると直接企業からのメールも届く、人気の高い定番の転職サイト。
4.DODA同じサイトから転職エージェントへの登録も可能な、人気の高い転職サイト。
5.マイナビ20代~30代前半の求職者に強い転職サイト。
6.エン ジャパン20代~30代前半の求職者に強い転職サイト。
7.type20代~30代前半・首都圏の求職者に強い定番の転職サイト。

以下では、上記超おすすめ3つの転職サイトに関する詳細をご説明いたします。

ⅰビズリーチ

確認項目評価説明
運営会社株式会社ビズリーチ
求人の量業界トップクラスよりは若干少ない。
求人の質非常に高い(ハイキャリア向け求人が多い)

転職サイトは、求職者に対しては全て無料のところばかりですが、今回紹介するビズリーチは、基本的に有料です。ただし、お金を支払うだけの価値はあります

ビズリーチは無料では機能の制限があり、フルサービスを利用しようとすれば、有料となります。無料でも使用できますが、企業が掲載していたり、ヘッドハンターが保有しているシークレット求人に対しては有料会員でないと応募できないという制約があります。

ちなみに料金ですが、

■タレント会員(概ね年収750万円未満)
・30日間:2,980円
■ハイクラス会員(概ね年収750万円以上)
・30日:4,980円

と決して安くはありません。

ただ、ビズリーチは転職情報サイトとして分類してはいますが、日経キャリアNETと同じく、転職エージェントからのスカウトメールが多数届きますこれは非常に魅力的です。

私も登録していますが、現在より年収の高い求人をヘッドハンターから紹介いただいたりしますので、月会費程度は将来すぐに取り戻せます。

また、一定人数のヘッドハンターへ返信を行うことで、10・20日分の有料サービスを受けられるチケットをプレゼントされますので、サービスを利用し続ければ一定期間を無料で利用することも可能です。私も何回かこのチケットを利用したことがあります。

ハイクラス求人が非常に多く、それらを希望する方には大変有益な転職サイトですので、そのような案件を求めている方は、費用を惜しまず利用を検討した方がいいですよ。

ⅱ日経キャリアNET

確認項目評価説明
運営会社株式会社日経HR
求人の量業界トップクラスよりは若干少ない。
求人の質非常に高い(ハイキャリア向け求人が多い)

日経キャリアNETは、日経新聞という大きなブランドがあるため、各種企業側からの信頼度が高く、他の転職サイトに比べると未経験可の求人が少ない傾向にあり、特定の業界や職種について3~5年以上の経験を求められる求人が多くなっています。即戦力を求める企業が日経キャリアNETに求人を出している、ということなのです。

ですから、若くても20代後半~30代前半以上でなければ、マッチする求人に出会える可能性が低いと考えていた方がいいです。本当に、経験のある即戦力の人を対象にしているのです。

私は、日経キャリアNETの転職サイトで求人を検索して応募したことはほとんどありません。ただ、日経キャリアに登録していると、その情報を参照して、各種の転職エージェントからスカウトメールが多数届くため、非常に重宝しているのです。実際に、私はそのオファーに基づく転職活動にて転職することが出来ました!

日経キャリアNETのサイトに登録されている求人の中には、転職エージェントからの求人も多数掲載されています。自社サイトがある、リクナビ・DODA・マイナビ・エン等の大手転職サイト系エージェントの求人は掲載されていませんが、その他の多数のエージェントの求人が掲載されています。

皆さんも、日経キャリアNETに求人登録して、転職エージェントからのオファーをうまく活用して転職活動を行ってみましょう。この転職サイトは本当にオススメです!

ⅲリクナビNEXT

確認項目評価説明
運営会社株式会社リクルートキャリア
求人の量業界トップクラスの求人量を誇る。
求人の質総じていいが、求人の質が不十分と感じる場合も若干ある。

ご紹介するまでもなく、ご存知ない方がいらっしゃらないぐらい超有名な転職サイトです。私も2回目の転職の際は、こちらから求人を見つけて応募し、転職に成功しました。当時は、何はさておき転職するならリクナビNEXTって感じでしたからね。

ここの特徴は、何と言っても求人数の多さです。

転職サイトで求人を検索する際は、業種・職種・勤務先・給与条件などについて、自分の希望を設定しますが、求人数が少ない転職サイトだと、本来の希望条件の通り設定しても求人が全く表示されない、ということがありました。リクナビNEXTは、そういうことが発生しないぐらい多数の求人を保有しています。

一方、ハイキャリア層をターゲットにした求人は少な目です。正確には、転職サイトの中で、ハイキャリア向けとなっているのが日経キャリアビズリーチぐらいであり、それ以外は、リクナビNEXTも含めハイキャリア向けは少ないのです。

そういう傾向はあるものの、ハイキャリア向けが全くない訳ではありませので、私は今後もリクナビNEXTを活用していくつもりでいます。どこに、私と縁のある企業が求人を掲載しているかわからないからです。

そして、若い世代の方々に対して、リクナビNEXTは非常にオススメの転職サイトです。

②おすすめの転職エージェント

転職エージェント名をクリックすると、各転職サイトのホームページにアクセスできます。

No転職エージェント名コメント
1.パソナキャリア
超おすすめ
親身になって手厚いサポートを受けられるので、転職初心者には超おすすめ。
2.JACリクルートメント
超おすすめ
自分にマッチした求人の紹介率が高く、ハイキャリア層に超おすすめ!
3.リクルートエージェント非公開求人が圧倒的に多く、人気の高い定番の転職エージェント。
4.DODA
超おすすめ
人気の高い転職エージェント。求人数も非常に多く、職務経歴書添削や面接対策が非常に充実。
5.マイナビエージェント20代~30代前半の求職者に強い転職エージェント。
6.エン エージェント20代~30代前半の求職者に強い転職エージェント。
7.type転職エージェント20代~30代前半・首都圏の求職者に強い転職エージェント。

以下では、上記超おすすめ3つの転職エージェントに関する詳細をご説明いたします。

ⅰパソナキャリア

確認項目評価説明
運営会社株式会社パソナ
求人の量業界トップクラスよりは若干少ない。
求人の質総じていいが、求人の質が不十分と感じる場合も若干ある。
求人の提案力必要十分だが、担当者に職種・業種の専門知識が不足している場合がある。
サポート力親身になってのサポートに定評あり。特に転職初心者にはオススメ。

パソナは「利益よりも社会貢献」という社風・企業風土があります。社会貢献を実現するために、農業・介護ビジネスにも取り組んでいる、そんな企業なのです。

そのため、他の転職エージェント以上に、親身になってサポート・フォローをしてくれると、非常に評判が良いのです。転職エージェントによっては、求職者の年収で待遇を変える企業も存在したりしますが、パソナキャリアでは年収に関わらず、しっかりサポートしてもらえます。

実際の転職活動のサポート内容についてですが、マンツーマンによる希望企業に合わせた効果的な書類作成支援や、模擬面接等による面接対策等、非常にきめ細かなサポートメニューが充実しています。

そういう企業ですので、転職に慣れていない転職が初めての方や、第二新卒で転職に踏み切れない方などには非常にオススメできる転職エージェントです。

また、非公開求人も全体の80%を占めているため、求人サイト等には掲載されないパソナキャリア独自の求人を提案してもらえるのも嬉しいです。

そして、パソナキャリアで転職された方は年収アップ率は67.1%と非常に高いのです。

私も、勤務していた企業の事業撤退に伴い退職を余儀なくされた際には、大変お世話になりました。本当に手厚いサポートをいただきました。

具体的には、職務経歴書の見直しに力を入れていただきました。何回もの修正に付き合っていただきました。また、私は受けませんでしたが、希望すれば模擬面談を受けることも可能でした。

上記の通り、リクルートエージェントやDODAエージェントとは異なるスタイルの企業ですので、違った目線で、また非常に細やかな支援を受けられます。

特に転職初心者にはオススメですので、転職活動をしっかりサポートしてもらいましょう。

ⅱJACリクルートメント

確認項目評価説明
運営会社株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント
求人の量業界トップクラスよりは若干少ない。
求人の質非常に高い(ハイキャリア向け求人が多い)
求人の提案力求人に質とともに非常に高く、担当者のスキルも高い。
サポート力必要十分だが、転職初心者にも優しい、というレベルではない。

転職業界の大手企業は、リクルート・DODA・マイナビなど、担当者による転職支援サービス以外にも、転職サイトを運営したり、複数のビジネスモデルを形成して多角経営を図っていることが多いです。

そういう中、JACリクルートメントだけが唯一、担当者による転職支援サービスだけに特化して、長年にわたり転職エージェントを続けています。

転職支援サービスだけに集中しているため、機械的なオペレーション型キャリア相談ではなく、高いスキル・知識が求められるプロフェッショナル型のキャリアコンサルタント業務を続けられています。

JACリクルートメントは体制にも特徴があります。一人の担当者が、転職者側と企業側の担当を兼任している、という点です。大手転職エージェントのほとんどは、転職者側の担当者と、企業側の担当者が別々に業務を行っています。

転職者側と企業側の担当を兼任していることにより、転職者は担当者から企業の情報をタイムリーに詳しく聞き出すことが出来る、というメリットがあります。

また、企業側の担当として、その企業の求めている人物像をしっかり把握している状況で、この人はこの求人にマッチする人材だ、と判断してオファーしてきますので、自ずと採用の可能性も高くなります。

そういう理由で、転職者側と企業側の担当を兼任しているJACリクルートメントは、活用する価値が非常に高い転職エージェントと言えるでしょう。

あと、国内6拠点、世界9か国のグローバルネットワークを有する企業でもありますので、英語を活かした仕事や外資系企業への転職にも強みを持っている転職エージェントです。

ですので、若年層向けというよりは、30代~40代で、今後のキャリアを考えながら転職活動をしたい、と考えている方にお勧めできる転職エージェントです。

特に年収が高めのハイキャリア層の方にとっては、優秀なコンサルタントが親身に対応してくれるので、「ハイキャリアの転職でオススメはJAC」という噂もよく耳にします。

ⅲDODAエージェント

確認項目評価説明
運営会社パーソルキャリア株式会社(旧 株式会社インテリジェンス)
求人の量業界トップクラスの求人量を誇る。
求人の質総じていいが、求人の質が不十分と感じる場合も若干ある。
求人の提案力必要十分だが、担当者に職種・業種の専門知識が不足している場合がある。
サポート力職務経歴書・面接対策については非常に秀逸であり、是非受けるべきサービスと言える。

他社は、転職者が自分で案件を検索して直接応募する「求人検索(転職サイト)」のサービスと、担当者が求人の紹介を行う「転職支援サービス(転職エージェント)」を明確に分けているところが多いのですが、DODAでは同じサイトで2つのサービスを提供しています。

ここのウリは、職務経歴書と面接の対策が非常に優れていることです。マンツーマンでしっかりと指導していただけます。

私も3回目の転職の際にはDODAエージェントにお世話になり、職務経歴書と面接原稿の添削をしていただきました。その時に、以前作成していた職務経歴書・面接原稿を大幅に見直すことになりました。修正前のそれらは本当に自己流でした。こんなものでよく2回も転職ができたな、と感じるぐらい低レベルであったことを痛感させらました。

その甲斐もあって、上記の3回目の転職の際は3社同時に内定をいただき、どこに転職するか嬉しい悩みを抱えていました。

私も感心させられるぐらい、プロの目で適切な指導をしていただけました。今でも感謝しています。その時に作成した職務経歴書・面接原稿をベースに、今でも転職活動をしているのですから。

また、所有する求人数も業界トップクラスで、非常に豊富です。そのため、様々な求人を提案いただけますので非常に心強いです。私は職種も業種も絞って転職活動を行っているため、案件は非常に絞られるはずなのですが、それでも様々な求人を提案いただいています。

上記の通り、サポート力、提案いただける求人数、ともに非常に素晴らしい転職エージェントですので、初めての転職の方も含め、皆さんにオススメいたします!

3.最後に

転職活動をしている中で、なかなかいい求人を見つけられない状態が続くことがあります。
その際は、上記しました通り、既に登録している転職サイト、転職エージェント以外のサービスにも積極的に追加登録を行い、情報源を増やしてください

あなたにとってのいい「縁」を早く見つけられるといいですね。

error:Content is protected !!