おすすめの転職エージェント・転職サイトはココだ!転職成功者が推奨

おすすめの転職エージェント・転職サイトはココだ!転職成功者が推奨

多数ある求人情報の収集先の中でも、最も活用をおすすめするのが転職エージェント・転職サイトです。

冒頭で申し上げますが、私は、自身で転職エージェント16社・転職サイト12社を活用してみて、紹介求人数が多く、高いレベルのサービスを提供いただいた、総合評価の高い以下の、3つの転職エージェント、3つの転職サイト、を最もおすすめいたします!!

<最もおすすめする3つの転職エージェント>

当サイトでおすすめし続けている上記転職エージェント3社が、オリコン日本顧客満足度ランキングの「転職エージェントランキング」で見事1,3,4位を獲得!
詳細は、オリコン日本顧客満足度ランキング【転職関連】を参照。

各転職エージェントの特集ページには、この下のスライド画像からアクセスしてくださいね。
見たい転職エージェントが表示されていない時は、左右にスライドさせてください。

JACリクルートメントは外資系強し!|おすすめの転職エージェント

パソナキャリアは転職初心者にも親切!|おすすめの転職エージェント

DODAは求人数・サービス共に充実!|おすすめの転職エージェント

<最もおすすめする3つの転職サイト>

各転職サイトの特集ページには、この下のスライド画像からアクセスしてくださいね。
見たい転職サイトが表示されていない時は、左右にスライドさせてください。

日経キャリアNETはハイキャリア求人強し!|おすすめの転職サイト

ビズリーチはハイキャリア求人強し!|おすすめの転職サイト

リクナビNEXTは求人数が圧倒的!|おすすめの転職サイト

以下では、転職サイトと転職エージェントの違いと、上記以外も含め、定番の転職サイト・転職エージェントについてもご紹介いたします。

1.転職サービスの種類と活用方法

まずは、転職サイトと転職エージェントの違いを表で見ていきます。

①転職サイトと転職エージェントの比較

  転職サイト 転職エージェント
モデル 公募モデル 斡旋モデル
サービサー側の収益 求人の掲載料金 入社決定時の企業からの紹介手数料
求職者の登録 サイトに登録 サイトに登録
企業の求人 サイトに掲載 転職エージェントがお預かり
求人検索 自身でサイトにて求人検索 転職エージェントが求人に合う求職者を検索し、該当者にメールでオファー
応募 自身で応募 転職エージェントが企業に推薦
面接 自身で面接 自身で面接(転職エージェントが同席の場合あり)
年収交渉 自身で交渉 転職エージェントが交渉
メリット 自分自身で求人検索・応募できる 年収交渉など、各種作業を転職エージェントが代行

上記の通り、転職サイトと転職エージェントは仕組みが違います。

それぞれにメリットがありますので、どちらかだけを活用するのではなく、両方を併用していくのが望ましいでしょう。

②転職サイトについて

転職サイトとは、ネット上で求人情報、転職活動に関連する各種ノウハウを提供するサイトのことです。

転職サイトでは、サイトにて自分の職務経歴や希望条件を入力して、希望の求人を検索し、自ら応募することになります。
その後も、企業とのやり取り等含め、全ての手続きを自身で行うことになります。

一般的には、年収があまり高くない求人が多い傾向にありますが、ハイクラス求人が多いビズリーチ等の例外もあります。

また、日経キャリアNETやビズリーチのように、登録しておくと、各種の転職エージェントからオファーのメールをいただける転職サイトも存在しています。

③転職エージェントについて

転職エージェントとは人材斡旋サービスの俗称です。

サイトにて自分の職務経歴や希望条件を登録しておくと、転職エージェントの担当者からマッチすると思われる求人の紹介が届き、その後の企業との交渉や各種手続きも、その担当者にて進めてもらえます。
(履歴書・職務経歴書も転職エージェントの担当者に提出)

プロスポーツの世界などで、選手に代わって契約や年俸交渉を行う代理人がいますが、それと同じと思っていいですね。
大きな違いは、個人(求職側)からではなく、企業(求人側)から紹介手数料を受け取ることです。
求職者側からすれば、無料で各種のサービスを得られるため、非常に便利です。

転職エージェントは、転職サイトに比べ、高年収求人(600万円~)が多い傾向にあります。

転職エージェントは、ここで取り上げる大手以外にも、規模は小さいながらも、特定業種・職種に特化した中小の転職エージェントも多数あります。
そういう企業は、転職サイトである日経キャリアNETやビズリーチに登録された求職者情報をもとに、オファーのメールを送ってきます。

④転職サービスの活用方法

私は、初めての転職、2回目の転職時までは、転職サイトやハローワークを活用しましたが、その後は、ずっと転職エージェントを活用して転職しています。

やはり、様々な交渉を転職エージェントの担当者に対応いただくのは心強いですし、私にマッチした求人を多数紹介いただけたからです。

とは言っても、私は今でも転職サイトにも登録しています。
そして、各々1・2社とかではなく、現在は合計で12社のサービスに登録をしています。

理由は、各々の会社・サービスが保有している求人が異なるからです。
重複した求人もありますが、全く同じということはありません。

転職は企業と個人の「縁」です。
そして、その「縁」は自分で引き寄せるべきものです。
ですから、私は多数の転職サイト・転職エージェントへの登録をおすすめいたします

履歴情報や職務経歴情報の初期登録は結構面倒です。
ただ、履歴書、職務経歴書作成のポイントに基づいて準備したドキュメントに基づいて、ひとつのサービスに登録を完了してしまえば、その登録情報を利用して他社への登録を8割程度コピペで対応出来ますので、ここの手間は絶対に惜しまないようにしましょう。

2.おすすめの転職サイト・転職エージェント


以下に、評価の高いおすすめ、定番の転職サイト・転職エージェントを記載しましたので、是非、それらのサイトに一度アクセスしてみてください。

各社の特徴については、私が実際に大変お世話になった企業のみ特集ページを作成して、おすすめの転職サービスとしてご紹介しておりますが、先ほど申し上げました通り、各社の所有する求人が異なりますので、出来るだけ多数の登録をおすすめいたします。

①おすすめの転職サイト

ⅰ.全業種対応型 転職サイト

No 転職サイト名 コメント
1.

ビズリーチ
超おすすめぴかぴか(新しい)

会員制でハイキャリア向け求人多数。転職エージェントからもメールが届く。
ビズリーチの特集ページはこちら
2.

日経キャリアNET
超おすすめぴかぴか(新しい)

登録すると、転職エージェントからもスカウトメールが届く。ハイキャリア向け。
日経キャリアNETの特集ページはこちら
3.

リクナビNEXT
超おすすめぴかぴか(新しい)

定番中の定番の転職サイト。
リクナビNEXTの特集ページはこちら
4. DODA 定番の転職サイト。
5. マイナビ 定番の転職サイト。
6. エン ジャパン 定番の転職サイト。
7. @type 定番の転職サイト。
8. キャリコネ転職サービス 登録すると、年収・企業口コミの閲覧権限ももらえます。

②おすすめの転職エージェント

ⅰ.全業種対応型 転職エージェント

No 転職エージェント名 コメント
1.

パソナキャリア
超おすすめぴかぴか(新しい)

手厚いサポートを受けられるので、転職初心者にはおすすめ。
パソナキャリアの特集ページはこちら
2. JACリクルートメント
超おすすめぴかぴか(新しい)

求人の紹介も多く、ハイキャリア層に超おすすめ!
JACリクルートメントの特集ページはこちら

3. リクルートエージェント 定番の転職エージェント。
4.

DODAエージェント
超おすすめぴかぴか(新しい)

定番の転職エージェント。職務経歴書・面接対策が非常に充実。
DODAエージェントの特集ページはこちら
5. マイナビエージェント 定番の転職エージェント。
6. エン エージェント 定番の転職エージェント。
7. type転職エージェント 定番の転職エージェント。
8. アイデム スマートエージェント 初めての転職者向け転職エージェント。

ⅱ.業種特化型 転職エージェント

上記では、全業種対応型の転職エージェントを紹介しておりますが、業種特化型の転職エージェントの中で、私の知人が利用して評判のいいサービスを一部ピックアップして、下記にて紹介いたします。

あまり馴染みのない方もいらっしゃると思いますので、サービス概要を記載しておきますね。
希望する業種と一致するようであれば、是非、活用をご検討ください。

レバテックキャリア (IT・Web系)
IT・Web系のエンジニア・デザイナー向けに特化した転職支援サービスです。
IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対して、 キャリアのご相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供しています。
現在は、関東を中心にサービスを展開中です。

レバテックフリーランス (Web系)
フリーランス(個人事業主)のエンジニア・デザイナー向けに、Web系を中心とした案件探しをサポートするサービスです。
Web業界・技術に精通した専門のコーディネーターが、登録者に対して、 案件への参画前から参画後まで、提案やキャリアに関する相談などのサポートを提供しています。

3.最後に

転職活動をしている中で、なかなかいい求人を見つけられない状態が続くことがあります。
その際は、上記しました通り、既に登録している転職サイト、転職エージェント以外のサービスにも積極的に追加登録を行い、情報源を増やしてください

あなたにとってのいい「縁」を早く見つけられるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする