最後の転職にしたい!注意すべき点って何なの?|転職での疑問

最後の転職にしたい!注意すべき点って何なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、今度を最後の転職にしたい場合に注意すべき点についてです。

実際には、2度と転職しないでもいい職場に転職出来ることを保証するのは、なかなか難しいことです。
なぜなら、長く勤務し続けるために必要となる良好な人間関係を構築できる環境であるか否かについては、入社してみないと分からないからです。

ただ、それは保証できないとしても、退職まで務めあげられる職場探しに関するポイントを、以下でご説明いたします。

1.その求人は、生活するために十分な収入が得られるのか?

仕事というのは、生活の糧としての側面を否定できません

そのため、どんなに良い環境であっても、生活が苦しいと感じてしまう収入しか得られない職場であれば、長続きするとは思えません。

転職に当たって、決して年収重視で考える必要はありませんが、自分の求める生活水準を実現出来る程度の収入を得られる仕事に就くことは、長く務め続ける上での必須条件になります。

2.その求人の仕事に、生きがいを感じられるか?

仕事は生活の糧という側面と同時に、生きがいという側面もあります。

人生の長い時間を職場に捧げる訳ですから、そこでの時間が充実していなければ、長く務めるモチベーションは起きないでしょう
ですから、この仕事を続けることに生きがいを感じられるか否か、という点は非常に重要です。

3.上司となる人の面接を受け、違和感を感じなかったか?

人間関係で問題が発生するかどうかは、実際にその職場で仕事をしてみないと分からないことは前述の通りです。

ただ、自分の上司となるはずの人と面接をする可能性は非常に高いです。
ほとんどの場合、転職時の面接では、直属の上司となる人の面接を受けることになるでしょう。

その際に、いい人だと感じられたのであれば問題ないですが、違和感を感じた場合は要注意です。
その他の条件は申し分ないけれども、直属の上司と合わないかもしれない、と感じてしまった場合は、十分な検討が必要になります。

その人が一生、上司であり続けることはないですが、入社当初の慣れない時期に、自分と合わないと感じる上司と仕事を続けることは、かなりのリスクです

私は、こういう場合は内定を頂いても辞退した方が賢明と考えています。

私は、こういうケースで、一度は辞退して、事なきを得た経験をしています。
逆に、面接を受けた、直属の上司になると思われる人と合わないと感じつつ、他の条件の良さに内定を受諾して、結果として痛い目に遭ったことも経験しています。

4.最後に

長く務められる企業の条件として、最も大事で、ただ、入社前の見極めが非常に難しいのが、いい人間関係を築ける環境であるか、という点です。

上記の3.だけで事前に見極められるものではありませんが、だからこそ、逆にいい人間関係を築けられている職場を簡単に辞めるべきではない、とも言えます。

人間関係には全く問題ない職場だけれども、年収や業務内容に不満がある場合、それらの不満を今の職場で改善出来ないか、十分に検討してみることをオススメいたします。

転職することについてアドバイスする私がこんなことを申し上げているのも変な話なのかもしれませんが、それぐらい良好な人間関係を構築するのは大事な事なのです

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする