休職中に転職活動してもいいの?復職時の注意点は?|転職での疑問

休職中に転職活動してもいいの?復職時の注意点は?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、休職中に転職活動をしてもいいのかについてです。

社会の収益構造の変化などに伴い、企業で働く人々の環境がますます厳しくなっている昨今、休職者の数が急激に増えています。
このことは社会問題にもなる程、深刻な状態と言えます。

特に心の病での休職者が多くなっているのが現状です。

では、その休職期間中を利用して転職活動をしてもいいものでしょうか?
また、転職ではないのですが、休職から復職する際に、注意すべき点があるのでしょうか?

以下では、この2点について整理しています。

1.休職中に最優先するのは治療

休職期間中に最優先ですべきことは、言うまでもなく病気の治療です
休職の理由が何であれ、その前提は忘れないようにしましょう。

少し調子がいいからと言って、無理をして症状が悪化すると、復職までの期間が長くなってしまいます。
特に心の病の場合は、休職期間中での無理は禁物です。
場合によっては、何年もの間、社会復帰出来なくなる場合もあるので、療養に専念するようにしましょう。

2.体調が回復していれば、転職活動もあり

もし、体調が回復しているのであれば、休職期間中に転職活動を行っても問題ないですよ。

休職期間中に転職活動をすることは、今の会社に対して申し訳ない、という気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、誰も休職期間中の転職活動を止めることは出来ないのも事実です。

ましてや、元の企業・職場に復帰することにより、病気が再発する可能性が高いとなると、転職活動を行うべきでしょう

実は、休職中に転職活動を行うというのは、在職中に比べ以下のメリットがあるので、チャンスとも言えるのです。

①時間が十分にある

在職中は仕事で忙しいため、転職活動のための時間を確保することがなかなか難しいです。
それでも、現職を退職してから転職活動をすべきではないことは再三お伝えしております。
その理由については、転職活動で絶対にやるべきではないことって何?、でご確認下さい。

一方、休職中は療養を最優先で行う必要がありますが、体調さえ良ければ時間は十分にあります。
心身の状態がひどい状態でなく、自由に活動する時間があるのであれば、その時間を転職活動に充てることにより、充実した転職活動を行うことは可能となります

②転職活動に失敗しても戻るところがある

休職後は現在の企業に戻る事が基本です。
その前提で、休職の制度は作られています。

ですから、休職中に転職活動をして、いい企業に巡り会えなかったとしても、今の会社に戻るだけで済みます
職を失ったりしません

退職してからの転職活動と違い、戻る場所がある、というメリットは大きいのです。

3.休職から復職する際の注意点

休職期間中に転職活動を行わなかった、もしくは行ったけど転職には至らなかった場合は、復職することになりますが、その際の注意点があります。
特に心の病で休職した場合です。

元の職場に、病気になってしまった要因が残っているのであれば、そこに復帰すべきではありません
また症状が再発するだけですから。

この事は鉄則ですので、担当医や人事の担当も十分に理解しているはずです。
そういう方々に十分に相談の上、復職先については、自分の納得がいくまで調整を行うように努めましょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする