未経験者歓迎の求人に応募しても大丈夫なの?|転職での疑問

未経験者歓迎の求人に応募しても大丈夫なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、未経験者歓迎の求人についてです。

求人サイトの求人を見ていると、よく「未経験者歓迎」の言葉を目にします。
転職しようとしている人にとってはグッとハードルが下がった感じがして、つい応募したくなる人もいるのではないでしょうか?

そういう求人につい応募して、後で後悔するようなことのないように、事前に「未経験者歓迎」の求人の特徴を理解しておきましょう。

1.未経験者歓迎の求人に応募する大前提

まず、ほとんどの場合は、「未経験者歓迎」の求人に採用されたとしても、現職の給与より下がる可能性が非常に高い、ということを理解しておいてください。

転職(中途採用)というのは、基本的に「即戦力採用」です。
未経験者の場合、即戦力となることはありません。
そのため、企業側もすぐに戦力にならない社員を採用する場合、あまり高額な給与条件を提示しないものなのです。

そのため、独身であれば年収が下がっても生活は可能でしょうが、そうでなければ、家族の生活に直結しますので、あまりおすすめできません。

どうしても応募する場合は、年収が下がることを覚悟の上で、そういう求人に応募しましょう。

2.未経験者歓迎の求人を出す理由

では、本来、転職(中途採用)は「即戦力採用」のはずですが、「未経験者歓迎」の求人があるのはなぜでしょう。
その理由は、以下の3つのパターンがあると思われます。

①教育体制が整備されている企業の求人

スキル・知識などより、仕事に対する姿勢や対人能力などのヒューマンスキルに長けた人材を採用して、企業理念に基づいて一から教育していく企業があります。
中途採用でも、新卒採用のような「ポテンシャル採用」をする企業です。

このような企業にはしっかりしたサポート体制があるため、未経験者であっても仕事を身につけることができます。

ただ、このような企業はそう多くはないという事実も理解しておきましょう。

②誰にでもできる仕事の求人

特別な知識や技術を必要としない仕事の求人ということです。
例えば、軽作業や簡単な事務、接客、雑務などの単純なルーチンワークになります。

業務自体はそう難しくないですが、給与が非常に低い可能性が高いです。

③応募数を増やしたい企業の求人

本当は経験者を採用したいのですが、労働環境や条件が厳しく、離職率も高めで、あまり人気のない業種・職種・企業では、応募数が少なくなってしまうため、「未経験歓迎」と記載することで大量の応募者を募ることがあります。

応募要件を「経験者のみ」としてしまうと、経験者以外は応募できなくなりますが、「未経験歓迎」にしておけば、未経験者も経験者も応募が可能になります。

実際には「未経験者優遇」というのが企業側の本音で、応募者の中に経験者がいれば、そちらを優先的に採用することになることが多いです。

ただ、そういう求人は応募者が少ないと思われるため、未経験者であっても、1.の①と同様にヒューマンスキルが高い人材は、採用の可能性があります。

3.未経験者歓迎の求人に応募しても大丈夫なの?

以上を踏まえて、未経験者歓迎の求人に応募しても大丈夫なのか、についてまとめます。

年収が下がることを承知の上で、教育体制が整備されている企業(2.の①)であれば検討可能でしょう。

誰でも出来る仕事の場合(2.の②)は将来的な昇給が期待できませんし、労働環境や条件が厳しく、離職率も高めで、あまり人気のない業界・職種・企業の場合(2.の③)、再度転職が必要になる可能性も高いため、一般的にはおすすめできません。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする