面接時に給与の交渉をしても大丈夫なの?|転職での疑問

面接時に給与の交渉をしても大丈夫なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、面接時に給与の交渉をしてもいいかどうかについてです。

どんな転職理由であれ、転職の際は給与アップを期待しますよね。
そのため、面接の際にも、給与の交渉をしたい、と思うのは当然です。

そこで、今回は面接時の給与交渉について触れます。

1.転職エージェントを通じて転職活動を行っている場合

この場合は、給与の交渉は転職エージェントの担当者に任せてしまいましょう。
担当者からは、現在の年収と希望の年収を確認されていると思いますので、その情報に基づき企業側と交渉してもらえます。

面接の際に、現在の年収について質問があった場合は、正直に伝えてください。
希望年収についても質問があった場合は、
「エージェントの担当者にお伝えしております。」
と回答してかわしておくのがよいでしょう。

条件面については転職エージェントを通じて調整するのが賢明です。
転職エージェント側も、契約した年収が高ければ高いほど、転職エージェントに入る紹介手数料も高くなる訳ですから。

2.転職エージェントを通じて転職活動を行っていない場合

転職エージェントを介していない場合は、給与も含め自分で交渉する必要がありますので、面接時に給与の話をすることは全く問題ありません。

ただし、まずは話を切り出すタイミングに考慮が必要です。

それを切り出すタイミングは、面接者から給与の件について話があった時、もしくは「最後に質問はありますか?」と質問を受けたタイミングが適切です。

業務内容などよりも給与にばかり関心があると思われると良くありませんので、積極的に自分から給与の交渉をするのはオススメできません
この点については十分に注意してください。

また、年収交渉にはコツがあります。
これについては、転職で希望額の年収を獲得するためのコツを全て伝授、を参考にしてください。

その企業での給与テーブルに基づいた求人の給与額は、既存の社員との兼ね合いがあり、簡単に変更できないケースもありますが、企業側があなたをどうしても欲しいと判断した場合はチャンスがあります。
絶対に希望の年収条件を獲得できるように、頑張ってみましょう!

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする