転職で職種を変えるメリット・デメリットって何なの?|転職での疑問

転職で職種を変えるメリット・デメリットって何なの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職で職種を変えるメリット・デメリット、についてです。

今の仕事に不満があり、その不満を今の会社では解決できない場合、転職を考えることになるでしょう。その転職にあたり、考慮すべきポイントがいくつかありますが、その中のひとつに、今の職種を変えずに転職するのか、職種を変えて転職するのか、という点があります。

では、転職で職種を変えるメリット・デメリットって、どんなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、その点について以下に整理してみました。是非、参考にしてくださいね。

1.職種を変えて転職するメリット

まずは、職種を変えて転職するメリットから見ていきましょう。

①自分に合わない職種から離れられる

是非やってみたい、と思い、今の職種に就職してみたものの、その業務に数年間従事する中で、自分には向かない、自分には才能がない、と感じる場合があります。そういう時に、自分に向いていると感じる職種を探し直して、転職にチャレンジすることは有意義なことです

自分には合わない、と感じながら、今の仕事を一生続けるのは非常に不幸なことです。人生は仕事に費やす時間だけでないので、仕事の時間はガマンして、プライベートだけ充実させる、といった割り切った考え方もない訳ではありません。ただ、社会人として会社で過ごす時間は非常に長いものです。その時間を充実させないのは、人生において非常にもったいないことをしている、と言えるでしょう。

②違う世界を見ることが出来る

人間が一生の中で経験できることは限られています。

新卒で就職した会社に定年退職まで勤務し続けることは、決して悪いことではなく、非常に立派なことです。ただ、そういう社会人人生を過ごすと、特定の世界しか見ることなく人生を終えることにもなります。職種を変えて転職することにより、今まで見てきた世界とは違う世界を見れることは有意義なことです。

違う世界を見るためには、どうしても職種を変えて転職する必要があるのか、と言われると、実はそういう訳ではありません。職種は変えず、業種を変える事でも同様な経験は可能です。ですから、違う世界を見ることを目的で転職するなら、職種を変えて転職することが必須、とは言えません。

2.職種を変えて転職するデメリット

今まで、職種を変えて転職するメリットを見てきましたが、以下では逆にどんなデメリットがあるかを見ていきましょう。

①ノウハウを習得し直す必要がある

職種を変えて転職する場合、今まで培ってきた業務スキルのほとんどが役に立たなくなることを覚悟しなければなりません

職種は変えずに業種だけ変えて転職する場合は、業種毎のノウハウを学び直す必要はありますが、今まで培ってきた基本的な業務スキルは生かせます。ただ、職種は変えた場合はそういう訳にはいきません。

自分に合わないと感じた職種を続けるデメリットは大きいため、必要な場合は職種を変えての転職も検討すべきですが、このノウハウを習得し直す必要があるデメリットは受け入れざるを得ません。

②採用のハードルが上がり、給与が下がる可能性が高い

職種を変えて転職すると、今まで培ってきた業務スキルが使えないことを上述しましたが、それにより直接的な影響が出る部分があります。それは採用のハードルが上がり、給与が下がる可能性が高い、ということです。

転職市場(中途採用)では、即戦力が求められます。ということは、今まで培った業務スキルが使えない、ということは致命的ともいえます。採用自体が難しくなりますし、幸運に採用されたとしても、現在の給与条件より下がる可能性が高いです。この点は覚悟する必要があるでしょう。

ただ、現在勤務している企業の属する業界より給与水準の高い業界へ転職する場合は、例外的に給与面のデメリットが出ない、もしくは緩和される場合がありますので、職種を変えて転職をする場合は、そのようなことも考慮しましょう。

3.職種を変えて転職するタイミング

上記にて、職種を変えて転職することのメリット・デメリットに触れてきました。では、職種を変えて転職する場合、タイミングを考慮すべきなのでしょうか?

実は、そのタイミングは非常に重要です。

上述しました通り、職種を変えて転職する直接的なデメリットは、給与が下がる可能性が高いことです。若い頃であれば、給与もまだ高額ではありませんので、給与が減額されても大きな差額にならないことが多いでしょう。ただ、年齢を重ね、相応の給与をいただいている中で、未経験の職種に転職して給与が下がる場合、その影響は非常に大きいです。扶養家族がいる、マイホームローンがある、などの状況であれば、給与の大幅減額は許容できないことになるでしょう。

そのようなことを考えると、職種を変えて転職するのは20代のうちに検討するのが賢明でしょう

4.最後に

このサイトでは、一貫して職種を変えての転職はおすすめしておりません。このサイトがミドルからの転職に重きを置き、アドバイスしているため、職種を変えるデメリットが大き過ぎる、と判断しているからです

繰り返しにはなりますが、職種を変えて転職するのであれば、20代までに決断するようにしましょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。