転職を考えるべきタイミングって、どんな時なの?|転職での疑問

転職を考えるべきタイミングって、どんな時なの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職を考えるべきタイミング、についてです。

このサイトでは、転職を考えている方々に少しでも有利でスムーズな転職活動が出来るように情報提供をしております。ですから、転職を考えていない方にとっては無意味な情報となりますが、転職を考えている方にとっては非常に有益なサイトなわけです。

上記の通り、世の中には転職を考えている人と、考えていない人がいますが、転職を考えている人も社会人になってずっと転職を考え続けてきたわけではありません。何かをきっかけとして、あるタイミングで、転職を考えるようになったわけです。

では、転職を考えるべきタイミングって、いったいどんな時なのでしょうか?

そこで今回は、その点について以下に整理してみました。是非、参考にしてくださいね。

1.今の仕事(職場)への不満をガマンできなくなった時

自分の居場所を変えてしまう場合、非常に面倒な作業を伴います。住んでいる環境を変える引っ越しなどがまさにいい例ですが、職場を変えてしまう転職も同様です。接する人、職場環境、通勤方法、全てが変わることになり面倒ですから、出来れば避けたい、と考えるのが一般的です。

ただ、それでも職場環境を変えたい、と思うことはあります。それは、今の仕事(職場)に不満がある場合です。それも一時的なものであればいいのですが、その不満が解消されず長い間ガマンを強いられる状況となると、そこから脱出することを考えるようになるのが普通です。

もちろん、職場環境を変えるデメリットもありますので、まずは、

  • 職場内での解決
  • 会社内(異動等による)での解決

を検討すべきですが、それで解決が出来ないとわかった時は、今の仕事(職場)への不満を解決するために転職を考えるべきです。

①心身に支障が出ている場合は一刻でも早く

今の仕事(職場)への不満をガマンできなくなった場合も、さまざまなケース分けが出来ます。

最も急いで転職を考えるべきケースは、心身に支障が出ている場合です。この場合は、転職市場の動向など考えている場合ではなく、とにかく今の仕事(職場)から一刻も早く抜け出す必要があります。

場合によっては、一度、病院の診断書に基づき、今の会社を休職して、その休職中に転職してしまうことも考えるべきです。休職中であれば、今までもらっている給与の満額ではありませんが傷病手当も出ますから。

②心身に支障がない場合は腰を据えて

一方、心身に支障がない場合は、少し腰を据えて転職活動をしてみてもいいでしょう。

転職活動自体が1年以上続くのはキツイですが、転職活動を始めて1ヶ月程度で、いい求人に巡り会えない場合は多々ありますので、6ヶ月~12ヶ月程度の期間は、いい仕事に出会うために必要な期間と考えてみてもよいでしょう。

特に、私のように業種・職種も絞っての転職活動を行う場合、対象となる求人数が少なくなるため、少し転職活動が長期化することを考えておいた方がいいでしょう。私も、転職活動当初はいい求人に巡り合えなかったのですが、転職活動を開始して数ヶ月後に、突然ある転職エージェントから求人を紹介いただき内定を獲得したケースが何度かありました。

2.今の仕事(職場)への不満がない場合は?

今の仕事(職場)への不満がない場合は、転職を考える必要がない場合が多いでしょう。

ただ、もっといい条件(給与など)で働けるチャンスを獲得する、という意味で、以下のようなタイミングで転職を考えてみると、人生において得をする可能性があります。

①自分がスキルアップした時

例えば、新たにあるプロジェクトに参加することが決まり、そのプロジェクトを遂行するために社外研修等に参加して必要な業務スキルを身につけ、そのプロジェクトを無事に完了できたとしましょう。

その場合、あなたはそのプロジェクト期間中で、座学に加え、実務に基づいた特定の業務スキルを習得できたことになります。そして、その習得した業務スキルの市場価値が非常に高い場合があることも理解しておきましょう。

私もその経験をしており、ある特定の業務スキルを身につけることにより、直後に転職活動を行った際は、転職活動直後に3社からすぐに内定をもらう、という経験をしています。

ですから、自分が新たな業務スキルを身につけ、自分のスキルアップが実現できている、と感じたのであれば、転職を考えてみてもいいでしょう。

②転職市場が活性化した時

自分の業務スキルが大きく変わらなくても、転職を考えてみるべきタイミングはあります。それは転職市場が活性化した時です。

景気が良くなり、それに伴い転職市場が活性化する時というのは、企業からすれば、たくさんの仕事の依頼はあるのに、それをこなす人材がいない、という状況といえます。業種・職種で偏りは出ますので確認は必要になりますが、人材が不足している業種・職種の求人であれば、条件が上がり、今の会社より良い給与で働ける可能性が出てくるのです。

3.最後に

上記に共通して言えることは、今よりもよい社会人人生を送る必要がある時、送るチャンスがある時が、転職すべきタイミングと言えるでしょう。

自分の人生は自分でしか設計できません。転職することであなたの人生が良い方向に変わる可能性があるなら、チャレンジしてみるべきではないでしょうか?

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。