残業が辛いといって転職を考えてもいいものなの?|転職での疑問

残業が辛いといって転職を考えてもいいものなの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、残業が辛いといって転職を考えてもいいものなのか、についてです。

以前に比べると、日本の労働環境もかなり改善されてきているのは事実ですが、ただ未だに、

  • 上司が帰るまで、部下はなかなか帰れない
  • 業務量が多いのに人員追加を全く考えていない

などの理由で、残業が多い会社(職場)は存在します。そういう職場で勤務されている方々は、残業が少ない環境で働きたい、という思いを募らせることも多いでしょう。

では、残業が多くて辛い、といった理由だけで転職を考えてもいいものなのでしょうか?

今回は、この件について整理してみました。残業を理由に転職を考えるべきかどうかは、以下の3つの観点から検討してみるのがよいでしょう。

1.健康上の観点

最も重要となるのが、健康上の観点です。健康な体を失うようなことがあると、一生を棒に振ることにもなりかねないからです。

もし、残業が多いことにより体調の不調をきたしているのであれば、まずは残業が少ない他部署への異動を検討するのが現実的です。ただ、残念ながらそれが叶わない場合は、転職を検討せざるをえません。

一方、体調不良がない場合は、以下に挙げた項目を確認の上で、転職をするか否か決定していくのがよいでしょう。

2.残業代と、プライベートな時間の観点

健康上の問題がない状況であれば、残業時間が多いことに伴う残業代に対する評価と、プライベートな時間を確保できないことに対する評価で、転職すべきかどうかを判断すべきでしょう。

①残業代のメリットの有無

残業時間が長いことにより、心身的には大変な思いをする一方、毎月の給与明細に記載された結構な金額の残業代を受け取っている、という事実もあるはずです。その残業代にメリットを感じている、残業代をあてにしている、ということであれば、今の職場を離れるのは現実的ではないでしょう。

②プライベートな時間が少ない事への不満

残業時間が長ければ、退社時間も遅くなりますので、プライベートな時間が少なくなるのは当然のことです。そのことに大きな不満を感じているかどうかも、今の職場を離れるか否かの判断材料になります。

体調に不調はありませんが、残業代のメリットを感じておらず、かつ、プライベートな時間が少なくて困っているのであれば、残業が少ない他部署への異動を検討しましょう。ただ、残念ながらそれが叶わなかった場合は、転職を検討せざるをえません。

体調に不調はなく、残業代のメリットも感じているが、プライベートな時間が少なくて困っている
のであれば、その場合も、残業が少ない他部署への異動を検討した方がいいでしょう。ただ、それが難しいようであれば、年収を上げる前提での転職を検討してもいいでしょう。

体調に不調はなく、残業代のメリットも感じており、プライベートな時間が少なくて困っている訳でもいない場合は、以下の件を確認の上で、将来的に転職をするか否かを決定していくのがよいでしょう。

3.会社(職場)の姿勢の観点

残業は多いが、体調に不調はなく、残業代のメリットも感じており、プライベートな時間が少なくて困っている訳でもない、のであれば、当面は今の会社(職場)に留まってもいいのではないでしょうか。

ただ、現在のことだけでなく、将来の事を考えると、今の会社について、以下の観点での評価はしておくべきです。

その観点とは、「今の会社(職場)は社員を大事にしているのか?」です。

もし、社員を大事にしているとは思えない状態であれば、残業が多いという問題だけに限らず、今後さまざまな問題に遭遇するはずです。既に、残業以外の問題が発生している場合も多いでしょう。

もし、あなたの勤務先が、そんな問題が頻発する、社員を大事にしない会社(職場)であれば、長く勤務するべきでしょうか?

答えは明らかですね。もちろん「ノー」です。

もし、今は社員を大事にしていないことに気づき、それが良くないことと認識して、環境を変えようとしている経営陣や上司がいるのであれば、まだ今の会社(職場)に留まる判断もあるでしょう。

ただ、そういうことも感じられず、会社(職場)の環境が変わる気配がないなら、将来的には自分自身で自分の環境を変える判断をした方が賢明です。つまり、異動か転職をするべき、ということです。

4.最後に

上述した通り、残業が多くて辛い場合は、転職を決意していい場合もあります。ただ、転職活動中の面接等で、残業が多いことを転職理由にする場合は、言葉を選ぶ必要があります。「残業や休日出勤はしたくない」という気持ちを前面に押し出すのは控えた方がよいからです。

詳細は、残業が多い・休日が少ない場合の転職理由はこう説明しよう!、を参照してみてくださいね。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。