50歳からの転職に必要な事ってどんなことなの?|転職での疑問

50歳からの転職に必要な事ってどんなことなの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、50歳からの転職に必要な事ってどんなことか、についてです。

以前は、35歳を過ぎると転職は難しいと言われている時代もありました。でも、現在ではそんなことはありません。35歳を過ぎても多数の人が転職を実現しています。

このサイトは、ミドルからの「転職のススメ」ということで、おおよそ35歳以上の方を対象に、転職に関するアドバイスをさせていただいておりますが、転職が可能だからこそ、その年代をターゲットにしています。

しかしながら、30代、40代とは異なり、50代ともなると、転職もそんなに簡単ではありません。ただ、50代になっても、転職したい、もしくは、転職を考えざるをえない方は現実にいらっしゃいます。

では、そんな転職が難しい50歳からの転職において必要な事って何なのでしょうか?

今回は、この件について以下に整理してみましたので、是非、参考にしてみてくださいね。

1.高度のスキル

50歳以上を対象にした求人は、当然ながらハイキャリア向けのものになります。ですから、20・30・40代で転職を目指す方々以上に高度なスキルを有していなければ、書類選考であっても面接であってもクリアすることは難しいです

そのような高度のスキルを備えていない方が、50歳からの転職を目指すのは控えた方が賢明でしょう。

では、どのようなスキルが必要かについて、以下で見てみましょう。

①業務スキル

まずは、業務に関する高度なスキルが備わっていることが、50歳からの転職では必須となります。そのスキルには、

  • 職種に関するスキル
  • 業種に関するスキル
  • マネジメントに関するスキル

などがありますが、その年代向けとなると重要ポストを対象にした求人が多いため、マネジメントに関する高いスキルが要求されます

②ヒューマンスキル

50歳以上を対象にした求人は重要ポスト、つまり、役員クラスであったり、役員と直接的な交渉が必要なポジションであることが多いですから、「対人関係能力」つまり、ヒューマンスキルの高さは必須となります。

重要なポジションともなれば、関係部署との調整を常に求められるため、業務スキルは当然のこととして、それ以上にヒューマンスキルの高さを求められるのです。

2.求人に求める条件の妥協

50歳以上を対象にした求人は、残念ながら非常に少ないのが実態です。組織のピラミッド構造の上位に位置する重要ポストは、どうしてもその数が少ないためです。ですから、自分が希望する条件を全て満たす求人はなかなか見つからないと思っておいた方が無難でしょう。

となると、50歳からの転職においては、求人に求める条件についても、ある程度の妥協を考えざるを得ない、と考えておいた方がいいです。

求人に求める条件はいろいろありますが、以下に記載した条件は妥協が必要となる可能性が高いでしょう。

①企業規模

企業規模が大きく、知名度の高い有名企業だけをターゲットにして転職活動を行っても、なかなか求人がありませんし、あったとしても競争率が非常に高くなり、内定獲得は簡単ではありません。

現在勤務する企業の規模を不服として転職を検討する方は少ないはずで、それ以上に重要なことは、したいことに関する条件、つまり、職種や業種に関する条件をクリアすることのはずです。

50歳からの転職においては、40代以下での転職以上に、「体裁」にこだわらず、「実」を取る気持ちが必要でしょう。

②給与条件

今より企業規模が小さな企業を転職先の対象にすると、必然的に給与の現状維持が難しい状況もありえます。

生活に困ってしまうぐらいに給与が下がってしまうような条件は許容できませんが、そうでない場合は、今の会社から転職できることの重要性と天秤にかけて、判断する必要があるでしょう。

③休日

重要なポジションでの採用ともなれば、労働組合のある会社であっても非組合員としての扱いになることが多いと思われます。そうなると、完全週休2日で年間休日120以上、というような休日条件を期待できない可能性があります。特に、企業規模が大きくない企業では、その傾向にあります。

今の会社の何かに不満があり、転職を考えている中で、その不満を解消できる転職先があるのであれば、今より休日が少なくなることも許容する必要があるでしょう。

3.忍耐力

50歳からの転職は、上記したような理由等もあり、そんなに簡単なものではありません。ですから、様々な局面で忍耐力が必要となってくることを、転職活動前に理解しておきましょう。

①転職活動の長期化への覚悟

50歳からの転職においては、そもそも対象となる求人が少ないです。そして、やっと求人を見つけたとしても、内定を獲得することは簡単ではありません。つまり、転職活動の長期化を覚悟する必要があるということです。

転職活動が長期化することを覚悟しないといけない、ということは、当面の間、今の職場で耐える覚悟も必要、ということです。転職を決意した人にとって、それは非常に辛いことですが、それに耐えることも転職活動の一部、と理解しなければなりません。

②転職先での忍耐

50歳からの転職においては、転職を実現するまでの期間における忍耐だけでなく、転職先でも各種忍耐が必要になります。

50代で転職するということは、重要なポストでの採用となりますが、入社すれば社歴においては全社員が先輩ということになります。周りからは「お手並み拝見」といった感じで見られることも多々あるでしょうし、入社当初においては、社歴が浅いことにより、様々な制約を受けることもあるでしょう。

そういう状況があったとしても、中途社員はある程度の実績を上げ、周りの社員から信頼を獲得するまでは耐えることが必要になるのです。

4.最後に

上記の通り、50歳以上での転職は本当に容易ではありません。しかし、スキルがあり、ある程度の妥協が可能で、そして、忍耐力があれば可能性はあります。

繰り返しになりますが、人生最後となる可能性もある、50歳以上での転職のチャンスを掴むには、忍耐力が必要になることを再認識しておきましょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする