仕事のストレスを解消するため転職しても大丈夫なの?|転職での疑問

仕事のストレスを解消するため転職しても大丈夫なの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、仕事のストレスを解消するために転職しても大丈夫なのか、についてです。

社会人が仕事をしていく中では、嫌なことがたくさんありますよね。そんな嫌なことが繰り返されると、ストレスが溜まり、その職場で仕事を継続することがツラくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

では、そんなストレスを解消するために、すぐに転職するという手段をとるのは妥当なことなのでしょうか?

その答えですが、今の会社に在籍することにメリットを感じる部分があるならば、スグに転職を検討すべきではないでしょう。また、ストレスと一言で言っても様々なものがあります。ですから、要因別に対策を検討していく必要があります。

そこで、以下ではストレスの要因別に、どのようなステップを踏んで対策を行っていくべきかを整理してみましたので、是非、参考にしてみてくださいね。

1.ストレスの原因が業務内容の場合

自分に向いてないな、と感じる仕事を継続していると、ストレスが溜まり、心身の変調をきたす場合もあります。そのような状況になったら、今の業務から離れる手段を、実現しやすい順に検討してみましょう

①業務替えを検討

まずは、職場内で今の業務から離れることを考えてみるべきです。上司に相談して、業務替えを相談してみましょう。

もちろん、業務替えを希望する理由を具体的に整理して、上司に納得してもらえるように丁寧な説明をする必要があります。心身への影響があり、自覚症状等が出ている場合であれば、前向きに検討してもらえるはずですよ。

②異動を検討

残念ながら、同じ職場内にしたい仕事がない場合や、職場内での業務替えが実現できなかった場合には、他部署への異動を検討することになります。

人事部より、定期的に異動に関するサーベイ(アンケート)が行われている企業に勤務されている方は、その制度を活用して異動希望を出しましょう。そういう制度がない企業であれば、上司に相談することになります。

ただ、したい仕事が他部署にない場合はこの選択肢も難しくなってしまいます。

③最終手段は転職

今の職場内での業務替え、異動による業務替え、ともに実現できそうになければ、転職という手段を検討するしかありませんね。

ただ、転職にもデメリットがない訳ではありませんし、転職活動をするならしっかりステップを踏んでいくべきです。それらについては、転職を成功させるノウハウはコレだ!、で詳しく説明していますので、是非、参考にしてくださいね。

2.ストレスの原因が労働時間・環境の場合

残業・休日労働が多いため労働時間が長かったり、騒音・粉塵・高温・低温等による劣悪な労働環境で働き続けていると、肉体的な悪影響が大きいため、体調を崩してしまうことが予想されます。

その場合は、そのような労働環境を見直すことや、そのような労働環境から離れることを検討する必要があります

①労働環境改善の相談

まずは、そのような劣悪な労働環境の改善を、上司に相談することから始めましょう。

ただ、そのような労働環境が長く続いている場合は、直属の上長に伝えるだけでは改善しないことも多々あります。そのような場合は、さらに上の上長や、人事部に直接相談して、改善を試みてみましょう。

②異動を検討

残念ながら、今の職場の労働環境を改善することが出来そうにない場合には、他部署への異動を検討することになります。方法は、上述した通りとなります。

③最終手段は転職

今の職場の労働環境改善、異動、ともに実現できそうになければ、転職という手段を検討するしかありませんね。詳細は、上述した通りとなります。

3.ストレスの原因が人間関係の場合

人間関係でストレスを抱える社会人は非常に多いですね。そして、この問題は簡単に改善できないことが多いです。

なぜなら、自分も含めて、大人となった人間の性格を直すのは非常に困難なため、人間関係の問題が発生した当事者の双方もしくは一方の性格を変え、その問題が解決する、ということがほとんど出来ないからです

ですから、人間関係からくるストレスを解決するのは、それを前提に対策を考えるべきです。

①原因となる相手の動向を確認

自分・相手の性格を変えられない前提であれば、まずは相手がその職場を離れることがないかを確認しましょう。

もちろん、直接本人に聞くことは出来ませんが、近々に退職の予定があったり、異動の話が持ち上がっていないか等を、上司や同僚にそれとなく聞いてみましょう。

②自分の異動を検討

残念ながら、人間関係の問題が生じている相手が職場を離れる予定がない場合は、自分が他部署に異動することを検討することになります。方法は、上述した通りとなります。

ただ、したい仕事が他部署にない場合は検討が難しくなりますが、その場合は人間関係の問題を抱えながら今の職場にとどまることと、ここなら何とかやれそうと思われる部署に異動すること、を天秤にかけて判断するしかないでしょう。

③最終手段は転職

人間関係の問題が発生している相手の退職・異動、自分の異動、ともに実現できそうになければ、転職という手段を検討するしかありませんね。

ただし、その嫌な相手はいなくなっても、転職先で良好な人間関係を構築できるかどうかはわかりません。転職の面接等で、業務内容や労働環境について確認することは出来ても、自分と相性の合わない人がいるかどうかなんて、絶対に確認できないからです。

それであっても、今発生している人間関係によるストレスで、心身に悪い影響が出ている場合は、まずは環境を変えて自分を守るために転職する、というのも適切な判断といえるでしょう。

4.会社に在籍するメリットを感じない場合

上記では、現在勤務している会社に在籍するメリットがある前提で、転職以外の解決手段を優先してお伝えしました。ところが、そのメリットを感じていない場合は話が別になります。そのような場合は、以下のステップを踏んでみるのがいいでしょう。

①会社に在籍するメリットの再確認

現在勤務している会社に、在籍するメリットを感じていない方がいらっしゃったら、本当にメリットが全くないのか再確認してみましょう。

まずは、自分でそれを再確認してみましょう。さらに、自分ではいい点に気づいていない場合もありますので、他人の客観的な意見を参考にするのもいいでしょう。周りの人からすれば、あなたの勤務先のことを羨ましく思っていることもありますからね。

②メリットがないなら、スグに転職

自分で再確認しても、周りの人に聞いても、現在勤務している会社に在籍するメリットを見い出せないのであれば、スグに転職を検討して問題ないですね。そういう方々に、私は最大限の支援をさせていただきたい、と考えています。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。