応募したい求人がない場合はどうすればいいの?|転職での疑問

応募したい求人がない場合はどうすればいいの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、応募したい求人がない場合、についてです。

転職を決意して転職活動を始めると、転職サイト等でいろいろな求人を検索することになるでしょう。
その中で自分の希望する求人を見つけて応募し、書類選考、面接、を経て、晴れて内定を獲得することになります。

ただ、中には応募したいと思える求人がなかなか見つからない人もいらっしゃいます。
書類選考や面接で落とされるのも残念ですが、応募したい求人がなく、応募すら出来ない状況というのは、非常によくない状況です。

では、もしそのような状況に陥ったらどうすればいいのでしょうか?
今回は、以下にてこの件について整理してみましたので、是非、参考にしてみてくださいね。

1.求人条件の見直し

転職サイト等で求人を検索する時は、条件を入力して検索することになります。
この検索条件は、各人が希望する条件に基づき入力するわけですが、その検索条件が適切でなければ、なかなか応募したい求人を見つけられないことになってしまいます。

よくあるのが、せっかく転職するならと、希望する条件を非常に高く設定してしまうケースです。
気持ちはよくわかるのですが、今の職場に不満があり、少しでも早く転職したいのであれば、あまりにも理想の高い条件を設定しない方がよいです
そんな高条件の求人はあまりありませんし、あっても競争率が非常に高く、なかなか採用まで至らないという状況になってしまいます。

そういうことも踏まえ、以下で具体的な求人条件の見直し方法について触れます。

①給与条件の見直し

転職するからには、給与の大幅アップを目指したい。
そう思う方は非常に多いですが、現実的には給与の大幅アップはなかなか難しいです。
私は給与を下げることなく転職を繰り返してきましたが、現状維持に近い小幅のアップが多く、大幅アップを獲得出来たケースは少なかったです。
世間的には、現状維持もしくは給与ダウンでの転職も多いのです。

ですから、給与条件については、いったん現状維持をベースに設定するのが現実的です。

また、求人検索時の給与条件は、現状年収より100万円低い年収で設定しても大丈夫です。
なぜなら、100万円程度までなら交渉により年収アップを引き出すことが可能だからです。
詳しくは、年収を100万円アップさせた!求人の給与条件から、を参照ください。

給与条件を高く設定して対象となる求人を狭めると、選択肢を減らしてしまうデメリットが発生することを十分に理解しておいてくださいね。

②業種条件の見直し

転職(中途採用)では、即戦力が求められます。
ですから、現職のキャリアを生かして企業側から即戦力と判断してもらうためにも、業種・職種を変えずに転職するのが理想の形であることは間違いありません。
私もそれを実践してきたため、転職を何回も経験できています。

ただ、業種も職種も限定してしまうと、対象となる求人が非常に少なくなる場合があります。
その場合は、職種は変えずに、業種を変える、つまり、もう少し幅広い業種の中から求人を探してみること、をおすすめいたします

③勤務地条件の見直し

勤務地に関する条件については、なかなか変更が難しい方が多いと思います。
すでにマイホームを購入された方、学生の子供をお持ちの方、近くに住む親の面倒を見ないといけない方、などは、自宅から通勤できる範囲の企業しか対象にならないでしょう。

ただ、上記に該当されない方は、自宅から通勤できる範囲にどうしてもこだわらないといけないのでしょうか?
自分のやりたい仕事が、自宅から通勤できる範囲にない場合、引っ越しすることも検討してみてはいかがでしょうか?

私は、40代になってから転職により首都圏に引っ越してきた経験をしておりますが、やってみればそんなに大したことではありませんでしたよ。
この件については、引っ越しが必要になってしまう転職ってありなの?、にて詳しく触れておりますので、参考にしてみてくださいね。

④職種条件の見直し

業種に関する条件の見直しについては上述の通り、検討の価値が十分にありますが、職種に関する条件見直しは基本的にはおすすめいたしません。
特に30代以上での転職を検討されている方にはおすすめいたしません。

職種を変えて転職する、ということは、間違いなく即戦力と扱われなくなるため、採用の可能性が低くなりますし、採用されたとしても給与が低くなる可能性が非常に高いからです

給与が下がってもいいから、早く転職したい、という場合は検討可能ですが、それ以外の場合は、20代でない限り職種を変えての転職は極力避けるようにしましょう。
この件の詳細は、転職の際に、現職から踏襲すべき条件があることも把握しよう!、を参照ください。

2.求人情報源を増やす

なかなか応募したい求人が見つからない、と言われている方は、どうやって求人情報を得ているのでしょう。
ほとんどの方が、転職サイトや転職エージェントより、求人情報を得ていると思いますが、何社のサービスを活用していますか?

もし1・2社のサービスしか利用されずに、応募したい求人が見つからないと言われているのであれば、それは当然のことかもしれません。
是非、求人情報源をもっと増やしてください。
私は、転職サイトと転職エージェントを合わせて12社に登録して活用しています。

私がこれだけ多数の転職サービスを活用しているのには訳があります。
重複した求人もありますが、各々のサービスのみが保有している求人も多数あるからです

ただ、どの転職サービスを活用するのがいいのかわからない方のために、おすすめの転職エージェント・転職サイトはココだ!、にて、私が実際にお世話になったおすすめの転職サービスを紹介しております。
求人情報源を増やす参考にしてくださいね。

3.長期戦を覚悟する

転職とは企業と個人の「縁」で決まるものです。
自分に最適なポジションが存在する企業であっても、そのポジションの欠員・増員が発生しない限り、求人は出ませんので、「縁」に恵まれなかったことになります。

そんな「縁」に恵まれるためにも、上述したように、求人条件の見直しや求人情報源を増やすことをおすすめしていましたが、それでもなかなか応募したい求人が見つからない場合は、長期戦を覚悟するしかないでしょう。
「縁」に出会うチャンスを増やすためにも。

今の職場で、心身の健康に大きな影響を与えるような問題が発生しているのであれば、転職活動期間は少しでも短くしなければなりませんが、そうでない場合は、「縁」に恵まれないことも考慮して、長めの転職活動期間を確保(覚悟)するのが賢明です

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする