退職してからの転職活動はなぜ短期決戦にすべきなの?|転職での疑問

退職してからの転職活動はなぜ短期決戦にすべきなの?|転職での疑問


ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、退職してからの転職活動は、なぜ短期決戦にすべきなのか、についてです。

転職活動で絶対にやるべきではないことって何?、でもお伝えしている通り、基本的には、次の転職先が決まる前に、現在の会社を退職してしまうことは避けるべきです。

退職せずに転職活動を行えば、転職活動期間が少し長くなっても大きな問題は発生しません。
また、転職活動が少し長く設定することにより、多くの求人を見て転職先を決定することも可能になるため、在職中に転職活動を行うことにメリットは多いのです。

ただ、ブラック企業にお勤めで、今の職場に勤務し続けることにより、精神的・肉体的に大きなダメージを受けている状態であれば、やむを得ず転職先が決まる場合に退職せざるをえない場合もあります。

そういうケースの時は、転職先を少しでも早く見つけ、迅速に再就職しましょう。
退職してからの転職活動は、短期決戦にすべきなのです。
その理由について、以下に整理してみましたので、是非、参考にしてみてくださいね。

1.離職期間が長いと、金銭的な不安が発生する

「退職しても雇用保険(失業保険)が給付されるから、金銭的は不安なあまりいらないんじゃないの?」
そう思っている方がいるとしたら、それは大きな間違いです。

雇用保険は、自己都合での退職の場合については、3ヶ月間は給付されませんし、前職で支給されていた給与の満額分を給付される訳でもありません。
詳しくは、失業保険をもらえる期間・金額ってどれぐらいなの?、を参照ください。

自己都合の場合は雇用保険の給付開始時期が遅いですし、前職の給与を満額保証する訳ではありませんから、十分な蓄えがない限り、転職活動が長期化してお金が底を尽き始めてくると、本当に焦りますよ。
実は、私もこの経験を一度しているため、皆さんには同じ思いを絶対にしていただきたくない、と思っています。

仕事は生活の糧という側面を持っている以上、その観点でのリスク管理はしっかり考慮しておく必要があります。
金銭的な心配をしないために、退職してからの転職活動は、短期決戦にすべきなのです。

2.離職期間が長いと、転職活動が不利になる

中途採用の場合、採用企業側は即戦力を求めています。
ですから、求職者の過去の職務経歴は非常に重要になります。
ただ、いくら素晴らしい職務経歴を有していても、あまりに離職期間が長いと、仕事をする感覚を取り戻すにの時間がかかる、つまり即戦力ではない、と判断されてしまう可能性が高くなります。

採用企業側から好ましく思われなくなる離職期間の目安ですが、3ヶ月を超えると黄信号、6ヶ月超えると赤信号、と考えてください。
企業からも足元を見られ、年収等の交渉においても不利になってしまうことが多々あります。

自分に不利な転職活動を行わないためにも、退職してからの転職活動は、短期決戦にすべきなのです。

3.転職活動を短期決戦にするには?

上記理由により、離職期間が長くなれば長くなるほど、転職先を早急に決めざるをえない状態となり、当初決めた転職先に求めるものも、優先順の高いものすら求めることが出来なくなり、どんどん妥協が必要になってしまう、という負のループに陥ってしまいます。

妥協すること自体が良くない話ですが、もっと最悪な状態は、妥協しても転職先が決まらないことです。
そうなると、金銭面的な問題と併せ、追い込まれることによる精神的な問題(病)も発生しかねません。

そういう状態に陥ることは、絶対に避けなければなりません。
では、それを避けるためにはどうすればいいのでしょうか?

それに最も有効な対策を、以下に3つ挙げさせていただきました。

①少しでも早く転職活動を開始する

まずは、少しでも早く転職活動を開始することが重要です。

完全に会社を辞めて自由にになってから転職活動を行う方がいらっしゃいますが、それは悠長過ぎます。
転職を決意、いや、転職を検討し始めた段階から、少しずつでも転職活動を開始しましょう
少しでも早く開始することで、離職期間を短くできることは当然の話ですから。

②転職のプロを活用する

特に、初めて転職をする方は、転職活動の流れやコツを理解していないでしょう。
そういう方には、まず、転職を成功させるノウハウはコレだ!、を読んで参考にしていただきたいですが、最も手っ取り早いのは転職のプロを活用することです。

転職のプロを活用する、とは、わかりやすく言えば、転職エージェントを利用する、ということです。

転職エージェントは、求人の紹介だけでなく、職務経歴書作成のアドバイス・添削や面接対策、採用企業側との各種交渉、も実施してくれます。
私も転職エージェントを多数活用してきましたが、おすすめの転職エージェント・転職サイト、にて私が推奨する転職エージェントを紹介しておりますので、是非、参考にしてみてくださいね。

③多数の求人情報を入手する

当たり前の話ですが、少ない求人情報から転職先を探すより、多数の求人情報から転職先を探す方が、自分にマッチした求人に巡りあえる可能性が高くなります。

では、どのようにすれば多数の求人情報を入手できるか、ですが、上記した、おすすめの転職エージェント・転職サイト、でも記載しております通り、たくさんの転職サイト・転職エージェントに登録することに尽きます。

各々の転職サービスが保有している求人は異なります。
中には重複した求人もありますが、全く同じということはありません。
ですから、出来るだけたくさんの転職サイト・転職エージェントを活用することが、多数の求人情報を入手することにつながるのです。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。