転職したいけどスキル不足の場合はどうすればいいの?|転職での疑問

転職したいけどスキル不足の場合はどうすればいいの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職したいけどスキル不足の場合はどうすればいいのか、についてです。

今の職場に不満があり、その不満をその職場で解決できないことがわかると転職を考えますよね。
そして、いいなと思える求人を探してみることになると思いますが、希望する求人の必須要件・推奨(歓迎)要件を満たしていないと、なかなか応募することが出来なくなります。

ただ、その求人が求めているスキルを「満たしていない」と一言で言っても、パターンはいろいろあり、そのパターン別に対応を検討してみた方がいいです。

以下では、そのパターン別に対応方法を整理してみましたので、参考にしてみてくださいね。
以下は、ミドルの転職(30代以上)を想定して記載しています。

20代での転職を目指す方は、スキルを有していなくてもポテンシャル採用される場合があり、以下の記載が適用されない部分もありますので、ご注意ください。

1.そのスキルを有することが必須の求人の場合

その求人の必須要件として、該当のスキルを求められている場合は、以下のような基準で考えてみた方がいいでしょう。

①スキルが求めるレベルに到達していない場合

せっかくそのスキルを持っているにも関わらず、その求めるレベルに到達していない状況って、とっても惜しい状況ですよね。

そういう求人があり、どうしても応募したい場合は、そのレベルのスキルを有しているように見せかけて応募するのもひとつの手段です
職務経歴書や面接対策を行う(そのスキルが求めているレベルに到達しているように書く・話す)ことにより、それは可能です。

そのような対策を実施して、もし採用されたら、その会社に入社するまでの間に、求めるレベルにスキルを引き上げる努力をするのです。
そうすれば、結果的には、入社後に求められる仕事に対応することは可能なはずです。

求めるレベルにスキルを引き上げる努力をするには、相応の期間が必要になりますので、入社時期は許される範囲でギリギリまで延ばした方がいいでしょう。

②スキルを全く有していない場合

求人の必須要件として、該当のスキルを求められているにも関わらず、そのスキルを全く有していない場合は、応募しないのが賢明でしょう

事実を記載した職務経歴書を送付して応募しても、書類選考を通過できないのは明らかです。

また、上記した「そのレベルのスキルを有しているように見せかけて応募する」ことはオススメできません。
全く有していないスキルに対して、それを行うのは非常に無理があり、面接でバレる可能性が非常に高いですし、それを万が一の万が一クリアしたとしても、入社後にひどく辛い立場に追い込まれます。

そもそも、そういう、自分が有していないスキルの求人を希望するのであれば、転職のためには長期的な準備が必要になります。
そのスキルを今の職場で磨けるか否かでも対策は変わってきますが、いずれにしても、転職活動の開始時期をもっと後にズラし、それまではスキルの習得に励むべきでしょう。

2.そのスキルを有することが推奨(歓迎)の求人の場合

その求人の推奨(歓迎)要件として、該当のスキルを求められている場合は、以下のような基準で考えてみた方がいいでしょう。

①スキルが求めるレベルに到達していない場合

上記した、1の①と全く同じで、

  • 職務経歴書や面接対策を行う(そのスキルが求めているレベルに到達しているように書く・話す)
  • 採用されたら、その会社に入社するまでの間に、求めるレベルにスキルを引き上げる

といった対策を行う前提で、応募するのがいいでしょう。

求められているスキルが必須要件でなく、推奨(歓迎)要件の場合は、以下で記載する(2の②の)対策でもいいとは思いますが、少しでも採用される可能性を上げるとしたら、上記の対策の方がベターでしょう

②スキルを全く有していない場合

この場合は、そのスキルを有していないことを率直に伝える前提で、応募しましょう。

求められているスキルが必須要件でなく、推奨(歓迎)要件ですので、そのスキルを有していなかったとしても、ハンディは小さいです
そのレベルのスキルを有しているように見せかけて応募するのは無理がありますし、そこまでする必要性もありません。

ただ、面接の際に、採用していただけたら、そのスキル習得に努めるつもりであることをしっかりと伝えましょう

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする