転職回数が多いけど転職できる人ってどんな人なの?|転職での疑問

転職回数が多いけど転職できる人ってどんな人なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職回数が多いけど転職できる人についてです。

世間では、転職回数が多ければ多いほど、次の転職が難しくなると言われています。
ただ、転職回数が多くても、いい条件で転職を実現出来ている人が存在しているのも事実です。

では、転職回数が多くても転職可能な人ってどんな人なんでしょう?
今回はその点について、以下で整理してみました。

1.ハイレベルの専門スキルを有する人

新卒採用とは異なり、中途採用、つまり転職においては、即戦力が求められます。

即戦力とは、求められる仕事をスグにこなす事が出来て、スグに会社に貢献出来ることを意味します。
それを実現するのがハイレベルの専門スキルです

どんなに人間性に魅力があっても、3・4年後でないと会社に貢献出来ないような人を中途社員としては採用しません。

逆の意味で言えば、自分にハイレベルの専門スキルがあると胸を張って言えない状態であれば、転職は控えた方がいい、ということでもあるのです。

2.キャリアが一貫している人

繰り返しになりますが、転職においては即戦力が求められます。
そのため、求人の求めるスキルについては、より高いレベルを求められます。

その、より高いレベルのスキルは、そのスキルに関与した期間が長ければ長いほど高いと判断されます。
ですから、様々な職種を転々としてきた人より、一貫して同じ職種の仕事をしてきた人の方がスキルが高く評価されるのは、当然の事なのです

このサイトでは、転職の際は、職種と業種(少なくとも職種)を変えずに転職することをオススメし続けていますが、理由はそこにあるのです。

3.転職理由がポジティブな人

ネガティブではなくポジティブな転職理由であれば、かえって高評価になることもある。

自己啓発で、自分の足りない知識を習得することは奨励されます。

ただ、机上だけでは習得出来ず、実務でしか習得出来ない知識というものは存在します。

自分の中で、ステージアップしたいと思う気持ちがあっても、今の職場はそれを実現出来る環境にない場合、その人は、転職した方がいいのか、しない方がいいのか?
私は明白だと思っています。

上記のような理由で転職をしているのであれば、転職回数が多い事がデメリットにしかならないなんてことはありません

4.最後に

もう一度、繰り返させていただきます。
転職においては、即戦力が求められます。

ですから、上記のように、自分のスキルアップのため、という転職理由により、職種や業種は一貫していながらも、様々な職場を経験し、ハイレベルの専門スキルを身につけた人は、転職回数が少々多くても転職市場での価値が十分にあるため転職が可能となる、ということについては、皆さんもなるほどな、と思っていただけたのではないでしょうか。

どんな世界でも、一貫してひとつのものを追求する人は強いものです。
そのことは、転職を検討されている皆さんも十分に再認識しておきましょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする