転職活動中とバレるのはよくないことなの?|転職での疑問

転職活動中とバレるのはよくないことなの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職活動中とバレるのはよくないことなのか、ついてです。

会社での我慢を耐える事が出来ない、と判断したら、転職活動を開始しますよね。

ただ、転職活動を開始すると、面接のための時間確保や準備などにより、今までと振る舞いが変わってしまうため、職場の人に転職活動中とバレるケースがあります。

転職先が決まれば、最終的には職場の人にも転職の報告をすることになりますが、それが決まるまではバレない方が何かと都合がいいです。

そこで今回は、転職活動中とバレる理由と、それがバレないための対策について以下で整理してみました。

1.変則的な有給休暇の取得が多くなる

転職活動中はいつ面接が入るか分かりません。
応募した1社目で内定をもらい、そのまま転職が決まれば、その面接も1回で済みます。

ただ、そういうケースは非常に希であり、何度も面接を受けることの方が多いので、会社を何度も休んだり、遅刻・早退をすることになってしまいます。

面接日時が火曜日~木曜日になってしまうと、連休にもならない曜日に、有給休暇や遅刻・早退を頻繁に取得することになってしまいます。

そうなると、職場の人にも転職活動中ではないかと疑われてしまうのです。

それを避けるための対策としては、可能な限り、月曜日や金曜日に面接の予定を入れるように工夫して、そこに有給休暇の申請をすることが考えられます。

そうすると、職場の人は旅行などのために有給休暇を取得していると勘違いしてくれるからです。

2.服装が変わる

面接にはスーツで臨むことが一般的ですので、面接当日はそういう服装をする必要があります。

職場での服装がいつもスーツの場合はあまり問題ないですが、いつもカジュアルな服装をしている場合は、いつもと服装が全く違うので、周りからは転職活動中であることがミエミエです。

この服装で、当日の午後に半休など取ってしまったら、周りからは今日は面接なんだな、と確信されます。

それを避けるための対策としては、面接の日は、可能な限り半休ではなく、全休として有給休暇を取得するようにしましょう。

それが難しい場合は、1度自宅に帰って着替えてから面接に臨むか、朝のうちにスーツなどをコインロッカーに入れておき、面接前にトイレなどで着替える、を行うのがいいでしょう(上記は午後に面接を受ける場合ですが、午前中の場合は逆の流れになります)。

3.急に残業時間が短くなる

転職活動を始めるようになると、そのための時間を確保したいという理由と併せて、今の会社で働くモチベーションも下がり、自然と退社時間が早くなってしまうものです。

職場の人もその変化には気づきますので、転職活動をしているのかな、と想像してしまいます。

それを避けるための対策としては、露骨に残念時間を減らしているようには思われないように、早く帰る日と残業する日をバランスよく調整するか、何かの習い事を始めたというウソをついてしまうか、が考えられます。

4.会社の不満を言わなくなる

転職活動前は、当然ながら会社に対する不満があるため、それを周りにも言ってしまうことが多いでしょう。

ただ、転職活動を始めてしまうと、今の職場で不満を言う意味もなくなるため、自然とその不満を口にしなくなるものです。

そうすると、職場の人は急に不満を言わなくなったあなたが、不満を解消する何らかの手段、つまり転職を考えているのでは、と疑ってしまうのです。

それを避けるための対策は簡単で、今まで通り、会社に対する不満を言い続ける事です。

5.定期券の期間が短くなる

最近は、交通費を6ヵ月定期券の料金で支払う企業が多いため、当然ながら社員も6ヵ月定期券を購入します。

ただ、転職活動を始めると長期間の定期券は無駄になる可能性が高くなるため、3ヵ月、1ヵ月の定期券に切り替えることが多いです。

これについては、定期券を他人に見られないように配慮すれば問題ないでしょう。

6.最後に

職場の人に転職活動中であることがバレると、不幸にして転職活動に失敗して、今の職場に留まらざるを得ない状態になった場合、周りからいい目で見られません

転職活動中ということが上司にもバレると、その後の待遇に影響を及ぼす可能性も十分にありえます

ですから、上記の件には十分に注意して、転職活動中であることがバレないように、最大限の注意を払うよう心がけましょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする