書類選考をなかなか通過出来ない!どうすればいいの?|転職での疑問

書類選考をなかなか通過出来ない!どうすればいいの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、書類選考をなかなか通過出来ない時の対応についてです。

転職活動の中で、良い求人を見つけて応募したら、第一の関門が書類選考です。
あなたの履歴書と職務経歴書に基づき、求人企業側で審査される訳ですが、この書類選考を通過するのが結構難しいものです。

何度、求人に応募しても書類選考をクリア出来ず、なかなか面接の機会すらいただけない経験をされたことのある方もいらっしゃるでしょう。

そういう方は、以下のことを再確認してみましょう。

1.採用企業にとって魅力的な職務経歴書になっているか?

あなたのキャリアを表現する職務経歴書が、採用企業にとって魅力的に見えなければ、書類選考を通過することはありません。

良い条件の求人であればあるほど、多数の応募がされる訳ですから、その中で、あなたの職務経歴書が目立たなければなりません。

どのような点に注意すれば、魅力的な職務経歴書になるかについて、以下でご説明いたします。

①求人の必須要件を満たす事が明記されているか?

求人票に記載のある必須要件を満たしていることは、必ず明記する必要があります

せっかく必須要件を満たすだけの経験をしているにも関わらず、それが明記されていなければ、採用企業からすれば経験していないのと同じです。

職務経歴書の提出前に、必ずその点を確認しましょう。

②採用企業で必要なスキルが目立つようになっているか?

求人票を見れば、その求人で企業が求めているスキルは、必須要件以外の事も含め明確になります。

その、採用企業が求めているスキルについては、具体的な成果も含め、職務経歴書に記載しましょう
可能であれば、成果を数字(金額・パーセント・順位等)で記載してください。
とにかく、その企業が求めているスキルについて、十分な経験があり、実績も残せていることをPRするのです。

一方、あなたが経験している業務であっても、採用企業が求めていないスキルに関する経歴は、職務経歴書から削除することも検討しましょう。
特に転職回数が多く、職務経歴書に記載する経歴が多い方は、不要と思われる経歴を削除する勇気が必要になります
採用企業が求めているスキルを目立たせ、職務経歴書の記載内容全体をシンプルにするためです。

2.履歴書・職務経歴書以外でも、自分を採用企業にPR出来ているか?

企業に提出する書類は、基本的に履歴書と職務経歴書の2つです。
ただ、それにプラスアルファの書類を提出することが出来れば、採用企業側の心象がアップします。

①自己PR文

応募書類に自己PR文の提出を求める企業はほぼないでしょう。
ただ、履歴書と職務経歴書だけで他の応募者と勝負すると、年齢・転職回数・経験などで不利な条件を持つ求職者は、書類選考を通過できない可能性が高くなってしまいます。

そこで、この自己PR文を活用して、情熱や意欲を伝えることにより、他の応募者と差別化を図る必要があります。

自己PR文は、自分がいかに会社に貢献できる人間であるかを表現するものです。
パワーポイント等でグラフなども駆使して、採用企業で生かされる自分の過去の実績をわかりやすく表現しましょう。

②推薦状

自己PR文を作成しなくてもプラスアルファの書類を提出する方法があります。
それは、転職エージェントを活用して、転職エージェントの担当者から企業宛に推薦状を提出していただく、という方法です。

転職エージェントが求人にふさわしい求職者を見つけたら、必ずその求職者と会って面談、もしくは電話面談を実施するはずです。

それは、事前にサイトにアップされた求職者情報だけではなく、直接、求職者と話をして、その人がどんな人物かを確認し、サイトにアップされていない様々な情報も確認して、採用企業に対して推薦状を書くためでもあるのです

職務経歴書については、上記した注意点をしっかり押さえて記載されている必要がありますが、それがされている前提で、プラスアルファとして推薦状があると、採用企業側も心象が良くなるものなのです。

ですので、転職の際に転職エージェントを活用するメリットは、ここにもあるのです

私が転職活動の中で活用して、とても良い印象を持った転職エージェントなどについて、おすすめの転職エージェント・転職サイト、でご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする