転職すべきでない人ってどんな人なの?|転職での疑問

転職すべきでない人ってどんな人なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職すべきでない人についてです。

以前、絶対に転職した方がいい人ってどんな人なの?、という疑問に対して回答しましたが、逆に転職すべきでない人も存在します。

自分がそれに当てはまっているなら、今の職場に不満があっても、早速転職を試みるのは控えた方がいいでしょう。

以下では、どんな人が転職すべきでないのか、具体的にご説明いたします。

1.今の職場に不満がない人

今の職場に不満がなければ、転職そのものを考えない事がほとんどだと思いますが、もっと給与のいい企業、もっとやりがいのある仕事、を求めて転職を考える方がいます。

ただ、それはあまりオススメ出来ません。

そういう不満のない状態で転職して、全ての面において前職を上回る職場なんて、なかなかないからです。

特に、現在の職場で良好な人間関係を築けている人には、転職をオススメ出来ません。

人間関係だけは、その職場に入ってみないと分かりませんし、良好な人間関係を築けるには、自分の努力だけではなく、自分に合った人が周りに多い環境に遭遇する、という運もあるからです。

上昇志向を否定する訳ではありませんが、今の職場に不満のない人は、今の職場で更に上昇することを実現する方が現実的です。

2.職場での不満を、今の会社で解決しようとしていない人

今の職場に不満があるからといって、すぐに転職という選択肢を選ぶべきではありません。

まずは、今の職場でその不満を解決するように取り組む事が基本です。

もし、今の職場で解決出来なくても、社内異動により今の不満を解決することだって考えられます。

今の職場で不満を解決する方法についての詳細は、仕事をやめたい。そう思ったら何をするべきなの?、、を参考にしてみてください。

3.理想だけを追いかける人

理想だけを追いかける人は、どんな職場に転職しても、たくさんの不満を持つ事になるでしょう。

また、理想だけを追いかけると、転職活動を開始しても、なかなか応募する求人を見つける事ができないかも知れません。

転職活動においては、譲れない条件をクリアしている求人を探して応募することになります。
その譲れない条件が多すぎると、当然ながら応募出来る求人が非常に少なくなります。

そういう方は、転職を考えるのではなく、考え方を見直すことから始めた方がいいでしょう。

理想を追いかけることは悪いことではありません。

ただ、理想を追いかけるためには、自分の努力も必ず必要になります
理想が高ければ高いほど、そのステージに相応しい自分になっていなければならないからです

理想を求める、という権利だけを主張し、理想に相応しい自分になる義務や努力を怠る人は、いつになっても自分の理想には近づけないでしょう。

4.変化を嫌う人

転職をすると、何もかもが変わってきます。

通勤ルート、会社でのルールや慣習、周りの人間関係、仕事内容、飲み会の頻度、などなど。

つまり、転職先するということは変化を受け入れることから始まるわけです
そのような転職に、変化を嫌う人がチャレンジしたら、相当なストレスを感じることになります。

変化を嫌う人に対して「転職するな!」とまでは申し上げません。
ただ、相当な覚悟をして転職に臨まないと、結局、自分が不幸になってしまうでしょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする