転職すべき人ってどんな人なの?あなたは該当する?|転職での疑問

転職すべき人ってどんな人なの?あなたは該当する?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職すべき人についてです。

今の職場に不満があり、その不満を解決できないと、転職しようかな、と考える人も多いでしょう。
ただ、実際に転職活動を行う人は、そんなに多くないのが現状です。

やはり、不満はあったとしても、慣れ親しんだ環境を離れ、新天地で一から再スタートするにはパワーも必要ですし、リスクもある、と皆さん感じるからでしょう。

ただ、そういう不安を感じたとしても、勇気をもって転職すべき人というのは存在します。
では、転職した方がいい人とはどんな人なのか、について以下でご説明いたします。

1.心身に異常が表れている人

残業時間が異常に多い、休日出勤が多いことによる、肉体・精神への大きな負担、もしくは深刻な人間関係のもつれや上司のパワハラ等による、精神への大きな負担により、心身に異常をきたしている人がいるとすれば、その人は速やかに転職を考えるべきです

もし、そのような形で逃げ出さなければ、ひどい場合は、一生、社会人としての生活が出来なくなってしまったり、最悪の場合は、自殺等により命を落とす危険性もあるからです。

そういう状態に置かれた人は、転職によるリスクなどを考える前に、今の生活を継続することのリスクの方が圧倒的に大きいので、少しでも早く転職を考えましょう。

2.人生において大きな損をしている人

上記のような緊急性はない場合であっても、転職すべき人は存在します。
それは、今の仕事を続けることで、人生において大きな損をしている場合です。

人生において大きな損をしていることがわかっていながら、今の仕事を続けるのは大変もったいない話です。
勇気を持って転職を検討して欲しいです。

その、大きな損とは何か、ということになりますが、大きく二つに大別出来ます。

①収入的な損をしている人

自分が今やっている仕事に対する報酬(収入)があまりにも少ない人は、是非転職を検討してください。

自分が従事している業務内容とほぼ同じことをしていても、年収が全然違う人がいる場合があります。
このことに自分では気付かず、身内の人間に指摘されて初めて気付く人も多いと思います。

そういう指摘を受けた場合は、まずは転職サイトで自分と同じ業種・職種の求人を検索してみて、それらの求人の年収をチェックしてみてください

その結果、今の年収よりかなり高い求人ばかりであれば、今の年収水準が低いということになります。
その事実に気付いたら、私が言うまでもなく、転職したくなると思いますよ。

収入的な損をしている人は、少しでも早く、その損を取り戻しましょう。

②やりがいを得られないという損をしている人

収入は悪くないため、金銭的な損はしていないケースでも、人生において大きな損をしている場合があります。
それは、「やりがい」という大事なものを得ることが出来ない環境でずっと働き続けている場合です。

社会人って、自分のやりたい仕事に就けている人ってごくわずかで、ほとんどの人が本当にやりたい仕事に就けていない、ということは事実です。

ただ、そんな仕事でも、長くやっていると、その仕事にも「やりがい」を感じてくるものです。

しかしながら、そういう「やりがい」を全く感じられない人もいるでしょう。
そういう人は、お金のためだけに割り切って、仕事を続けていいものでしょうか?

何らかの特殊な事情で、今の職場を離れることが難しいというケースもあるかもしれません。
ただ、そういう状況でないのであれば、満足な給与をもらいながら「やりがい」も感じることの出来る仕事を得るためのチャレンジをしてみるべきではないでしょうか?

人生において、仕事に捧げる時間は相当な時間なのですから、その時間を充実させることが出来なければ、大きな損をしてしまいますよ

3.上記の問題を、今の会社で解決出来ない人

上記にて、どんな人が転職すべきかアドバイスしましたが、それらの問題を抱えている人は、最初に転職を考えるのではなく、まずは今の職場でその問題を解決することに努めましょう

それがダメであれば、今勤務する会社で異動をして問題を解決することを試みてみましょう

職場の不満を、まずは今の会社で解決する件につきましては、仕事をやめたい。そう思ったら何をするべきなの?、で触れていますので、詳細を確認してみてください。

それでもダメであれば、上記でお伝えしました通り、是非とも転職をチャレンジしてみてくださいね。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする