転職を考えた人が今の職場ですべきことって何なの?|転職での疑問

転職を考えた人が今の職場ですべきことって何なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職を考えた人が今の職場ですべきことについてです。

上司と合わない、年収が低い、やりがいが感じられない、といった理由で、今の会社を辞めたいと考えている人はかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

そういう方は、その気持ちを抑えることが出来なくなったら、転職活動を開始することになると思いますが、その際に今の職場ですべきことって何だと思いますか?

以下では、そのことについてアドバイスいたします。

1.内定前に退職の意思を早々に伝えることは避ける

まず、最初に申し上げますが、転職先も決まっていないのに、転職したいという気持ちだけを先に伝えてしまうことは絶対に避けましょう

早目に伝えることにより、自分の今後の立場を明確にしておきたい(重要な仕事を振って欲しくない)、とか、代わりの要員を早目に手配してもらえるように、とか、いろんな思いから早く伝えたいと思うかもしれませんが、内定が決まっていないのに、転職の意思を早々に伝えることはデメリットが多くおすすめできません。

その理由の詳細は、会社に退職の意向を伝えるタイミングはいつがいいの?、を参照ください。
簡単に申し上げますが、辞めてしまう可能性のある人に対して、上司はどんな扱いをしてしまうか、ということを想像すると、理由がおおよそわかるのではないでしょうか。

2.最も大事なことは、今やるべき仕事に打ち込むこと

転職を考えた人が今の職場ですべきこととして、転職したいという気持ちを早々に伝えることより、ずっと大事なことがあります。

それは、今の自分にやれることは何か、やるべきことは何かを考え、その仕事に一生懸命に打ち込むことです

えっ。もう辞めるつもりの会社で一生懸命仕事にに打ち込むことにどんな意味があるの?、と感じる方もいらっしゃると思います。
ただ、それをすることのメリットはたくさんあるのです。

①転職直前のキャリアは転職先で活かせることが多い

転職先の企業が、あなたの直近のキャリアに興味を持ってオファーや内定を出すことは珍しくありません。
そういう直近のキャリアを、転職するからといっておざなりにしてしまうと、転職先が求めていたスキルを習得できておらず、期待外れの人材だった、と思われる可能性があります。

あなたのキャリアの中でも、求人側の企業が注目するのは、比較的最近のキャリアが中心になることが多いのが事実です。
あまりにも過去のキャリアについては、今の時代ですぐに活用できるスキルではない可能性もあるためです。

ですから、直近のキャリアを磨き、自分という商品の価値を高めるためにも、今の仕事に一生懸命に打ち込むことは非常に重要なことなのです

②「立つ鳥、跡を濁さず」を実現するためにも

転職を決めて以降に、仕事をおざなりにしてしまえば、周りもそれを感じてしまうでしょう。
それからしばらくして、あなたが内定をもらい、会社に退職の意思を伝えると、皆はこう言うでしょう。

「○○さんは転職を考えていたから、あの頃以降の仕事ぶりが変わったんだ。」
と。

そう思われることは、あなたにとって良いことでしょうか?

辞めてしまう会社の人に何と思われようが構わない、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、辞めたからと言って、その会社の方々とのお付き合いが完全に切れるわけではないことの方が多いでしょう。
そうであれば、悪い印象を与えずに会社を辞めた方がいいですよね。
立つ鳥、跡を濁さず、です。

また、それ以前に、給料をいただいている限りにおいて、全力で仕事をし続けることは社会人として当たり前のことです。
辞める会社での仕事は手抜きで行ってもいい、という発想自体が、社会人としてあるまじき姿です。
そのことは十分理解しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする