ミドルの転職を難しくしている理由って何なの?|転職での疑問

ミドルの転職を難しくしている理由って何なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、ミドルの転職を難しくしている理由についてです。

以前は、35歳を越えると転職はなかなか難しい、ということが言われていました。
しかし、幸いなことに現在では、しかるべきキャリアを身につけた人に対しては、35歳を超えていても求人は多数あり、転職は可能です。
実際に、私も初めての転職は35歳以上でしたし、その後も数回の転職を経験できています。

ただ、20代の人に比べると、ミドルの転職が難しいと思われている部分は以前としてあります。
それは、求人数が少ないからでしょうか?
いえ、そんなことはありません。

実は、ミドルの転職が難しいと思われている理由は別なところにあります。
以下では、その理由を見ていきましょう。

1.応募する求人をグッと減らしてしまう高い希望条件

35歳以上のミドルの方々ですと、今の会社でもそれなりのポジションに就き、相応の年収を得ている人が多いと思います。

また、プライベートでは、結婚して子供もいて、家も購入しており、教育費・住宅ローンなどの費用もかさむような生活をされている方が多いのではないでしょうか。
一家の大黒柱として、いろいろなプレッシャーを感じるような立場にいる方が多いことと思います。

そういう状況の中で、転職を考えるとなると、

  • 安定した企業
  • 相応の役職、ポジション
  • 相応の年収(最低でも今と同様な水準)
  • やりがいのある職務内容

などを求人に対して求めることが多いでしょう。

例えば、東証1部上場の創業100年以上の、現在も安定した業績を残している企業の、営業部門の部長職として30名以上の部下を統率する立場で、年収1000万円以上、など。

お気持ちはわかります。
ただ、このように希望条件を掛け合わせることによって、結果的に高い希望条件を掲げてしまうと、その希望条件を全て叶える形で転職をすることはなかなか難しいものになってしまいます

そもそも、自分はなぜ転職を検討しているのか、という原点に再度立ち返り、転職により解決したい点を最優先とする一方、それ以外についてどうしても譲れない条件を少し緩くして、転職に対する必須要件を決めるようにした方がよいでしょう。

そういう条件を作成しても、希望する求人がなかなか見つからないのであれば、このタイミングで転職するのが必須なのか、という点を再度考え直す必要があるかもしれません。

2.仕事選びでなく会社選びをすると、転職が難しくなる

高い希望条件の中に入ってくる要素として「安定した企業」というのがあります。
上記例では、東証1部上場の創業100年以上の現在も安定した業績を残している企業、という言葉で安定した企業を表現しましたが、この「安定した企業」に固執してしまうと、転職が仕事選びではなく、会社選びになってしまいます。

今の時代は、銀行が倒産したり、大手メーカーが業績不振で海外企業に買収されるようなことが普通に起きています。
そういう世の中で、今の業績が安定している大企業であっても、将来のことなんて全くわかりません。

ですから、大手企業にこだわることにより、応募する求人を減らしてしまうぐらいなら、企業の規模などは必須条件から外すのが賢明です。

よほどのスキルを備えた人でなければ、大企業に中途社員として入社し、出世争いを勝ち抜いていくことはとても難しいことだ、と考えた方が現実的であることも理解しておきましょう。

3.転職成否のカギは、自分に合ったプランを練ること

当たり前の話ではありますが、転職は需要と供給の関係で決まります。
あなたが転職を考えている今、あなたのキャリアを欲している企業がどれだけあるか、によって転職がスムーズにいくか否かは決まります。

また、転職に伴う事情というのは、転職希望者全員において全て異なります。
ですから、過去の転職事例があなたに完全に当てはまるということはありません。

転職活動においては、他人の転職成功談は参考にしつつ、自分の事情と市場の動向を踏まえて、自分なりの作戦を立てる必要があります

転職という行為は、人生ににおいてとても重要なイベントであるのも関わらず、転職のやり方に精通している人なんてほとんどいません。
そういう中で、自分なりの転職活動を行っていくには、いい転職エージェントの担当者に、多角的なアドバイスをもらえるように、相談してみることをおすすめいたします。

私も同様な理由で転職エージェントを活用しての転職をしていますが、その経験からおすすめの転職エージェント・転職サイトをご紹介しています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする