転職活動を1年間してもダメなら諦めるしかないの?|転職での疑問

転職活動を1年間してもダメなら諦めるしかないの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職活動を1年間しても転職できない場合についてです。

今までの自分のキャリアを活かした転職にチャレンジしても、なかなか内定がもらえない場合もあります。
そういう時は、転職が決まらない!そんな時どうすればいいの?を参考にして、転職活動を少し見直してみることが必要です。

ただ、その見直しをやってはみたものの、1年経っても企業から内定がもらえない方もいらっしゃるかも知れません。
そういう人は、もう転職を諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、転職を諦める必要なんてありません。
あなたに転職の意思があるなら、チャレンジし続けるべきです!

ただ、今の自分のスキルでは転職が簡単にはうまくいかない、という事実はしっかり認識して、その対策をしっかり打つ必要があります

以下では、そういう状況で転職にチャレンジするための方法を整理してみました。

1.今の会社でスキルアップして、転職に再チャレンジする

まずは、しばらく今の会社に勤務し続ける前提での対策を考えてみましょう。
今の会社で、更なるスキルアップを目指してみるのです。

わかりやすいのは、ラインの上長に昇進することを目指し、そのポジションでマネジメント能力をつけてから、再度転職にチャレンジする、という方法です。

部下のいないポジションから部下のいるポジション、つまり管理職になることは、転職でも非常に有利です。
ただ、企業によっては、そのポジションを獲得するまで、相当な時間が必要となることもあるでしょう。

それまで待てないと判断される方は、異動願いや公募によって、自分にとって魅力のある、社内の違う部署に異動し、新たなスキルを身につけることも良い選択肢のひとつです。
そこで培ったスキルを武器に、転職に再チャレンジしてみましょう。

2.資格を取得して、転職に再チャレンジする

次に、今の職場でスキルアップするのではなく、自己啓発でのスキルアップを検討してみましょう。
具体的には、資格の取得を目指す、ということです。

転職の際に有利になる資格は、転職では資格を持っていると本当に有利なの?で紹介していますので、参考にしましょう。

出来れば、今まで経験した業務・職種に関連のある資格が望ましいです。
あなたのキャリアに関連のある資格を取得することで、あなたのスキルが一段グレードアップすることになるからです。

3.全く違う世界にチャレンジする

最後に、もうひとつ考えられる対策があります。
それは、今までの自分のキャリアを活かすことを考えず、全く違う世界にチャレンジする、という方法です。

具体的には、未経験者歓迎の求人がそれに該当します。

ただ、未経験者歓迎の求人に応募しても大丈夫なの?、でも触れていますが、このような求人にはリスクもあり、慎重に探す必要があります。
また、今までのスキルを生かせない仕事となるため、年収が下がる可能性は非常に高いです。
ですから、私は未経験者歓迎の求人を基本的にはおすすめしていません。

ただ、今の職場で勤務し続けることが心身的に大きな負担を与える状況であり、この状態が続けば、健康を蝕まれるような非常事態であれば、それらの求人も検討していくべきでしょう。

4.最後に

どんな状態であっても、転職を諦める必要なんてありません。
ただし、目的を達成できないような、安易な転職をしてはいけません。

転職で、十分な収入と、十分な生きがいを得る、という目的は達成する必要があります
それらを得ることができないような転職は、する意味がないことを改めて理解しておきましょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする