大手企業へ転職して安定することを優先するべきなの?|転職での疑問

大手企業へ転職して安定することを優先するべきなの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、大手企業へ転職して安定することを優先するべきかどうか、についてです。

上場しており、売上高も大きく、従業員数も多い、いわゆる大手企業に転職出来れば、家族を含めた周りからの受けも良く、将来的にも安定した生活が送れる、と思っている方も多いのではないでしょうか?

では、転職に際しては、将来の安定のために大手企業に入社する事を最優先で考えるべきなのでしょうか?
その点について、以下で整理してみました。

1.大手企業は倒産しないの?

大手企業は安定しているから倒産しない?
そんなことはありません。

1990年代まで続いたバブル期までは、銀行や証券会社が倒産するなんてことを誰も想像しませんでしたが、現実にはそれらの金融機関の倒産が相次ぎました。

現在でも、過去には超優良企業と呼ばれていた大手メーカーが大幅な赤字に陥り、外国の企業に買収されてしまう、なんてことが普通に起こっています。

入社した時点では業績が安定していたとしても、5年後、10年後のことなんて誰も予測できないのです。

2.大手企業はリストラされないの?

大手企業は安定しているからリストラなんて発生しない?
そんなことはありません。

倒産することはなくても、業績が悪化すれば、大手企業でもリストラは普通に敢行されています。
今の時代は株主からの圧力もあり、健全な経営が出来ていない場合は速やかに身を切る改革が求められるのです。

また、外資系企業は完全なる実力主義なので、成果が出せなけれは、すぐにお払い箱になってしまいます。
非常にシビアな世界なのです。

3.大手企業は昇給しやすいの?

大手企業は入社後、定期的に昇給しやすいの?
そんなことはありません。

確かに、大手企業で相応のポストに就ければ年収もグッと上がります。
大手企業の場合は組織も大きいため、そのポストの数も多いですが、それに比例して社員数も非常に多いわけです。

ですから、社員どうしの競走も激しく、出世争いに勝ち抜くには、業務でしっかり実績を出せるだけでなく、業務後の夜の付き合い等も含め、良い人間関係を構築していくための並々ならぬ努力が必要になってくることが多いです。

4.大手企業に入社するより優先すべきことは?

上述した通り、大手企業に入社できたからといって、将来的にいいことばかりが待っているわけではありません。
むしろ、競争という意味では過酷な環境に踏み込むことになります。

ですから、転職に際して、将来の安定のために大手企業に入社する事を最優先で考えるべきか、と問われると、そんなことはない、というのが答えになります。

将来的にも安定した生活が送れるようにするには、大手企業に入社する事より、もっと優先すべきことがあります。
それは、自分のやりたい仕事が出来る企業に転職する、ということです。

その企業で、やりたい仕事を能動的にこなし、個人としての実力を高めていくことこそが、将来の安定した生活を保障してくれることになります。
そういう実力を身につけてしまえば、万が一、勤務先が不測の事態に陥っても、新たなフィールドを見つけることは容易なことなのです。

逆に、大手企業というだけで入社し、やりたい仕事も出来ずに悶々として働いていると、個人としての実力を磨くことも出来ず、勤務先が不測の事態に陥った際に路頭に迷ってしまいます。

転職においては、企業という看板に頼ることを考えるのではなく、自分を磨くことが出来る環境を探すことを最優先に考えることをおすすめいたします

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする