夢を追いかけるための転職ってしない方がいいの?|転職での疑問

夢を追いかけるための転職ってしない方がいいの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、夢を追いかけるための転職についてです。

皆さんの中にも、若い頃の夢を諦められない方がいらっしゃると思います。
ただ、生活していくことを考えた上で、現実的な選択をされている方がほとんどだと思いますが、中には30代、40代、50代になってから、夢を追いかけるために転職される方もいらっしゃいます。

夢を追いかけるために転職する、ということは、今の仕事とは職種が全く異なるものになるでしょう。
例えば、アーティストへの転身、起業、田舎での自給自足生活、など。

私は繰り返し申し上げていますが、基本的に20代の方もしくは独身の方以外の、職種を変えての転職はおすすめしていません
理由は、その転職により給与が下がり、生活が苦しくなる可能性が非常に高いからです。

仕事というのは「生活の糧」としての役割を否定出来ません。
生きていくために、仕事で十分なお金を稼ぐことはどうしても必要です。

ただ、仕事の持つもうひとつの側面である「やりがい・生きがい」という側面も否定できません。

どうしても、今の仕事に「やりがい・生きがい」を感じることが出来ない場合、事前に以下の2つの準備が出来るのであれば、夢を追いかける、という選択をしてもいいのではないでしょうか?

1.夢を実現出来るまで、生活していくための術がある

夢を追いかける道を歩むと決めたら、その夢が芽を出し、収益に直結するまで、お金の心配が発生します。
そのため、何らかの収入で生活が出来ることが保証されている必要があります。

例えば、奥さんの収入、一定レベルの副業からの収入、親の支援、今までの貯蓄、などで、生活を続けていけることが必要です。
貯蓄をあてにする場合は、それはいつか尽きる訳ですから、夢を追いかける期限を設けることも必要になりますね。

2.夢が実現できなかった場合にどうするかを整理できている

一度、夢を追いかけたら、その夢を実現するために、がむしゃらに頑張る日々が続くことでしょう。
その結果、夢が実現できることもあるでしょう。
一方、残念なことに、なかなか芽が出ないこともあるかもしれません。

残念ながら芽が出ないことが続いた場合にどうするか、ということも、夢を追いかける前に整理しておく必要があります。

そういう残念な結果になった場合、私は今やっている職種に戻ることが一番現実的だと考えています。
全く経験のない仕事を改めて始めるより給与がいいはずだからです。
もしくは、その夢を追いかけていった結果で得られたスキルで就業できる職種を選択するか、です。

そして、貯蓄で生活していく以外の場合であっても、その夢を実現できなかったと判断するための期限を設けることも必要と考えています。

3.最後に

以上の2つの事が、夢を追いかける前に整理出来ているのであれば、「やりがい・生きがい」を追いかけて夢に向かって進んでいくあなたの背中を押して差し上げたい、と思っています。

そういう生き方をしたいと思っていながら出来なかった私の分も頑張っていただきたいからです。
頑張ってください!

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする