転職するための適齢期っていつ頃なの?|転職での疑問

転職するための適齢期っていつ頃なの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、転職するための適齢期についてです。

転職、勤務する会社を変えることは、学校の卒業・入学と同じく、人生の大きな岐路になります。
引っ越しを伴う転職であればなおさらです。

そういう人生の岐路にもなる転職については、絶好のタイミングで行い、いい人生を過ごしていきたい、と誰もが思いますよね。

では、人生においてどのタイミングで、どれぐらいの年齢で転職するのが一番いいのか、適齢期はいつなのか、それについて以下で触れていきます。

1.転職するための適齢期

企業の組織がピラミッド型で形成されており、それに伴いポストの数もピラミッドの上部にいくと少なくなるため、当然のことではありますが、若ければ若い程、対象となる求人数も多くなります。
ですから、若ければ若い程転職しやすい、というのは事実でしょう。

ただ、市場価値のあるスキルを身につけていると、若くなくても転職は可能です。
30代であっても、40代であっても、50代であっても。

むしろ、年齢が高くなってからの転職の方が、年収を大幅アップする可能性は高いのです。
自分の有するスキルの市場価値が高ければ、ヘッドハンティングを受けることも可能だからです。

ですから、人生の岐路にもなる転職について、適齢期があるか? と問われると、そんなものは存在しない、ということになりますね。

ただ、年代によって転職の際に求められるものに違いがあるので、この点は十分に注意しておくべきです。

2.20代での転職

詳細は、転職に際し、新卒採用と中途採用の違いを理解しておこう、にて説明していますが、新卒採用(就職)が「ポテンシャル採用」であるのに対して、中途採用(転職)は「即戦力採用」です。

そのため、転職に際しては即戦力となれるだけのスキルを身につけている必要がありますが、20代での転職はまだ「ポテンシャル採用」の傾向がないわけではありません。

そのため、もし今やっている仕事内容がどうしても自分には合わない、と感じた場合、職種を変更をして転職することが検討できます。
それが出来る最後のチャンスが20代と考えていただいてもいいでしょう。

職種を変える、ということは即戦力ではない、ということを意味しますから、転職しにくいのです。
採用する側も中途採用で即戦力にならない人を採用したくありませんし、運よく採用されたとしても年収のダウンが避けられません。

ただ、20代であれば、仮に年収がダウンしても、やりがいのある仕事に打ち込んで成果を上げ、評価を高めることで、将来的に挽回することも可能になります。

30代以降で家族を養っていたりする状態であると、そういう判断をすることは難しいのです。

職種を変えたい、と思っている20代の方は、それを先延ばししていいことはありませんので、即行動に移りましょう。

3.30代での転職

20代後半が含まれる場合もあります。

30代以降での転職では、絶対に即戦力としてのスキルを求められます。
ですから、、社歴の長い多数の社員がいる他社に行ったとしても、あなたの業務知識があれば互角以上に戦えるかどうか、を見極めてください。

それに自信が持てないのであれば、今の職場で業務知識を磨いたり、自己啓発による学習を通じてレベルアップしてから、転職を検討した方がいいでしょう。

4.40代以降での転職

30代後半が含まれる場合もあります。

40代以降になると、30代で求められる即戦力としての業務知識以外にマネジメント力も求められることがほとんどです。

課長・部長といったラインの部門長や、プロジェクトマネージャーとしての経験に基づいた、メンバーの管理、業務スケジュールの管理、予算の管理、などが出来ることが必須になるわけです。

企業組織のピラミッド上部にある管理職のポジションを任されるわけですから、当然の話になります。

そのようなマネジメント経験を有していない人は、現在勤務している企業で、そういうポジションを得られるまで勤めてから、転職を検討した方がいいこともあるでしょう。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする