今から「逃げる」ために転職しちゃダメなの?|転職での疑問

今から「逃げる」ために転職しちゃダメなの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、今から「逃げる」ための転職についてです。

どんな転職サイトでも、転職エージェントの担当も、転職する場合は必ず前向きな理由で転職するようにアドバイスされます。

では、今から「逃げる」ための後ろ向きの理由で転職することは、本当に良くないことなのでしょうか?

1.「逃げ」の転職はあり?

転職に伴う面接の場では、その人の本当の転職理由が語られないことが少なくありません。
なぜなら、後ろ向きな転職理由を面接で話してしまうと、採用される可能性が非常に低くなると、どこの転職サイト・転職エージェントでも言われているからです。

ですから、面接の際は、後ろ向きな理由を前向きな理由に置き換えたり、面接時には別な二次的な転職理由を伝える、等の転職テクニックが必要になってきます。
つまり、実際の転職というのは、後ろ向きの「逃げ」のための転職もかなり多い、ということなんです。

ですから、今から「逃げる」ための転職、後ろ向きの転職はダメ、なんて思う必要は全然ないですよ!

2.あまり語られない「逃げ」の転職理由とは?

では、「逃げ」の転職理由とは、どんなものがあるでしょう?
簡単に言えば、転職の面接の際に、その転職理由を口にしたら採用してもらえない、と思われる転職理由は全てそれに該当します。

「逃げ」の転職理由といえば、

  • 残業が多い
  • 休日が少ない
  • 周りの人間と合わない

などが典型的な例ですが、あまり語られることがない「逃げ」の転職理由もあります。

その最たる例が
今の会社でやっていく自信を持てないから
ではないでしょうか?
自分に多少なりともプライドを持っている人であれば、そんな「逃げ」の転職理由なんて人に言えません。

もちろん、転職の面接の際に、退職理由として

  • 今、与えられたポジションで与えられた役割を果たして、成果を上げるられそうにないから
  • 周りからの仕事に対するプレッシャーに耐えられないから
  • この会社で出世争いを勝ち抜いていけるだけの自信を持てないから

なんてことを言ったら、採用されることは200%ないでしょう。

3.「逃げ」の転職をしないデメリット

では、そうだからと言って、転職を考えず、今の職場に残り続けてしまうと、

  • 仕事のことで上司に怒られ続ける
  • 周りからもデキない人として嫌われる
  • 出世競争では、同期だけでなく後輩にも抜かれ、みじめな状態になる

という状態になり、自分でもモチベーションを維持できなくなり、負のスパイラルに陥ってしまいます。
それは本人にとって非常に残念なことです。
会社で過ごす時間というのは、人生において非常長いものですから。

もちろん現状の改善の努力しないといけません。
ただ、その努力を長い期間行っても改善されないことがあるのも事実です。

4.「逃げ」の転職をするメリット

転職すると、仕事に関するほとんどのものがリセットされます。
過去のキャリアに基づくスキル以外のものはほぼ全てリセットされます。

このリセットされることにはメリットもあればデメリットもありますが、「今の会社でやっていく自信を持てない」人にとっては、デメリットがほとんどないでしょう。

与えられる役割が変わることにより、成果を上げる仕事も可能になるでしょう。
中途採用者については、同期という存在もいないことの方が多いので、出世争いからも開放されるでしょう。

そういう理由で、再出発することには大きな意義があるのです。

1点注意しておくべきことがあります。
前の職場での自分に良くない部分がなかったか、ということは真摯に見つめ直しておくべきです。
それを変えられないようであれば、新しい職場でも同じことを繰り返してしまう可能性が高いからです。

ただ、現在の職場で、今さらながらその良くない部分を変えることが困難を極めることが多いのも事実なので、そういった理由からも、「今の会社でやっていく自信を持てない」人には「逃げ」の転職をオススメします!

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする