勤続3年未満での転職を試みても採用は難しいの?|転職での疑問

勤続3年未満での転職を試みても採用は難しいの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、勤続3年未満での転職についてです。

「石に上にも3年」ということわざもありますが、仕事についてもどんなことがあっても3年程度は続けるべき、という意見も多いです。

また、3年以内に会社を辞めて転職活動をしても、採用してくれる企業なんてない、という話も巷で聞いたことがあります。

そこで、勤続3年未満で転職するのは本当にダメなのか、この点について回答いたします。

1.勤続3年未満での転職の可否

結論を先に申し上げると、勤続3年未満で転職することは可能です。
私も1~2年しか勤務していない状況での転職を2回経験しています。

現在の職場で耐えられない不満を抱えており、それを社内異動などでも解決できそうにないのであれば、転職による改善を検討すべきですし、そういう人のことを「我慢をすることが出来ない、社会人として不適格な人」と判断して門前払いする企業はほとんどありません。

今の職場に我慢し続けても、あなたに素晴らしい未来など待っていませんからね。

2.勤続年数が短い状態で転職する際の注意点

ただ、勤続年数が短い状態で転職する場合は、注意点もありますので、それは留意してくださいね。

①転職理由をしっかりと説明できるようにする

勤続年数が短い状態で転職する人のことを、門前払いする企業はほとんどありませんが、一方でなぜそんなに早く退職することを決意したのか、ということは企業側も気にします。

また同じ理由で会社を辞めるようなことがありそうだと思われたら、その人を採用することはないからです。

ですから、転職理由については面接の場で回答する文章を準備するだけではなく、転職理由についていかなる質問を受けても、納得させられるだけの回答をできるように十分に準備しておく必要があります

当然のことですが、同じ理由で辞めてしまうような企業に応募しない、ということも大切です。

別途、退職理由例文集も準備していますので、参考にしていただければ、退職理由を面接で聞かれた場合の対策に役立つと思いますよ。

②むやみに転職する癖がつかないようにする

誰もが、初めての転職の時は、転職までにかなり悩みますし、転職活動も手探り状態で進めることになり、大変な苦労をします。

ただ、それを経験して無事に転職できてしまうと、

  • 「転職もやれば何とかできるもんだな。」
  • 「また職場で辛いことがあったら、すぐ転職すればいい。」

と転職を安易に考えるようになることは良くありません。

それが良くないのは、

  • 短い勤続年数での転職を繰り返すと、スキルが身に付かず、その後の転職を考えても不利
  • 短い勤続年数での転職を繰り返すと、企業側も「根性のない人」と判断してしまう

という理由からです。

短い勤続年数で転職は本当に可能です。
ただ、転職(バイト・パート等は除く)は人生おける大きな決断のひとつです。
それを、着せ替え人形の洋服を替えるような感覚でするようになると、いいことは何もない、ということを肝に銘じておいてくださいね。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする