履歴書の賞罰欄は絶対に書く必要があるの?|転職での疑問

履歴書の賞罰欄は絶対に書く必要があるの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、履歴書の賞罰欄についてです。

履歴書の賞罰欄に、どこまで具体的に記載しないといけないかわからない、悩む方もいると思います。

まずは、そもそも「賞罰」とはどういう意味かをまず確認しましょう。

「賞」とは、受賞歴・表彰歴のことです。
日本国内および国際的に有名なものが対象です。

「罰」とは、犯罪(有罪)歴のことです。
刑法に触れて有罪判決を受けた刑事罰が対象になります。
行政罰は対象外となります。
交通違反は基本的に行政罰ですが、重度な違反は刑事罰になりますので注意が必要です。

なお、有罪判決を受けていなければ履歴書上の「罰」の対象とはなりませんので、

  • 告訴されたが示談して不起訴になった
  • 執行猶予がつき、その期間が経過した

場合は、履歴書への記載は不要となります。

実は、現在の履歴書の書式の中には、賞罰欄があるものとないものがあるのをご存知ですか?
また、求人側の企業も、履歴書の提出は求めても、賞罰欄の有無等の書式の指定をしないことがほとんどです。
私は、一度も履歴書の書式について指定を受けたことがありません。

ですので、個々人の経歴に応じて、以下のような書式選択をするのが賢明です。

1.犯罪歴がある、もしくは受賞歴・表彰歴がない場合

この場合は、賞罰欄のない書式の履歴書を利用しましょう。
厚労省が推奨するJIS規格の履歴書にも賞罰欄はありません。

犯罪歴があれば当然記載しない方がいいですが、「賞」も「罰」も何も書くことがない人も「なし」と書くだけになりますので、賞罰欄のない書式の履歴書の方が適切です。

犯罪歴があるにも関わらず賞罰欄に「なし」と記載すると、告知義務違反とみなされますので、それを避けるためにも、書式の選択は間違わないようにしましょう。

2.犯罪歴はなく、受賞歴・表彰歴がある場合

1.に該当する方が圧倒的に多いため、賞罰欄のない書式を利用する人が多くなると思いますが、自己PRになる、誇れる受賞歴や表彰歴があれば、あえて賞罰欄のある履歴書を利用することをオススメいたします。

その受賞歴・表彰歴自体が、求人の業務を遂行するにあたり有効な場合は当然ですが、日本国内・国際的に有名な受賞・表彰は、業務に関係ない場合にもあなたに有効に作用します。

そういう受賞・表彰を受けたということは、その人の人格などを推し量れる重要な情報であるからです。
普通の人が手に出来ないものを持っているわけですから。

面接の際にも、必ずその点を質問されますので、うまくPRに活用しましょう。
うまくやれば、面接自体を和やかに進行させる効果もありますよ。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする