不況の時に転職をするべきではないの?|転職での疑問

不況の時に転職をするべきではないの?|転職での疑問

ここでは、転職に関する様々な悩みや疑問についてアドバイスしていますが、今回は、不況時の転職についてです。

不況になると、全ての経済活動が停滞してしまいます。
もちろん、中途採用についても例外ではなく、不況時には採用も控えられる、と言われています。
そういう時期に転職を考えるのは、やはり暴挙であり、避けるべきことなのでしょうか?

1.不況の時に転職はしない方がいい?

世の中が不況の時は、企業の活動も停滞し、様々な経費削減に目が向けられるため、当然のことながら求人数も少なくなります。

ただ、運悪くそんな時期に、現在の職場で様々な悩みを抱え、転職を検討したい、という状態が起きないとは限りません。

そういう時に皆さんならどうしますか?
やはり、このタイミングでの転職は諦め、しばらく現職で耐える、という方が多いのではないでしょうか?

現職で耐えられるのであれば、それもひとつの選択肢ではあります。
ただ、本当に現職で苦しんでいるのであれば、不況時であっても転職活動をして問題ありません。

2.不況時の求人に関する特徴

世の中には不況に強い企業が多数存在します。
そういう企業は不況だからこそ人材強化が必要ですので、そういう時にはいつも以上に求人を募集しています。

また、景気のいい時には大手企業が積極的に採用を進めていますが、不況になると控えます。
そういう時をチャンスと考えている企業もあります。
中堅・中小企業です。

景気のいい時に大手企業に流れていた優秀な人材を、そういう時期にこそ確保したい、と考えるのです。

また、不況というのは、企業の世代交代を促すタイミングにもなります。
不況時の積極採用により優秀な人材を確保した企業は、そもそも不況にも強いわけですが、さらに景気回復後には大きな成長を遂げるケースも多いのです。

大手に比べ中堅・中小の企業は魅力が薄い、と思われる方もいらっしゃると思いますが、不況時に積極採用できる企業は、将来の大手企業の可能性も高いのです。

皆さんの、現職を辞めたい理由が「今の企業が大手でないから」ということであれば、不況時の転職を無理にオススメしたりはしません。
ただ、そうでなければ、現職を辞めたい理由を解決してくれる企業が大手でなくても、真剣に転職を検討してみるべきです。

不況の時こそ、知名度は低くても優良企業に出会えるチャンスということを理解しておいてください。

以上にて今回の件の回答とさせていただきますが、それ以外の転職に関する様々な疑問・悩みにについても、転職の疑問・悩みについてアドバイスします!、でお答えしています。
是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする