現職を辞めたい理由を明確にしよう!同じ失敗を繰り返さないために

現職を辞めたい理由を明確にしよう!同じ失敗を繰り返さないために

今に不満があり、転職を考えようとしている方は、辞めたい、もしくは辞めざるをえない理由があります。
まずは、それを明確にすることが大事です。

1.辞めたい理由の洗い出し

辞めたい、もしくは辞めざるをえない理由には以下のようなものが考えられます。

<辞めたい理由>

  1. やりたい仕事ができない(仕事がつまらない)
  2. 仕事内容がキツい
  3. 現在の待遇(給与・職位)に納得できない
  4. 人間関係(上司・同僚)が良くない
  5. 労働環境(労働時間・労働場所)が良くない
  6. 社風が合わない
  7. 福利厚生が貧弱

<辞めざるをえない理由>

  1. 企業の倒産
  2. 配偶者の転勤
  3. 地元に戻らざるをえない状況になる

辞めたい理由が複数あるケースもあります。
その場合は、それらを全て洗い出しましょう。

2.今の会社で、辞めたい理由の解決を試みる

そして、まずは、その不満を現在勤務している会社で解決することができないのか確認しましょう

  • 今の職場で、自分の力で解決することができないのか?
  • 今の職場の上司と相談して、解決することができないのか?
  • 今の職場での解決が難しい場合、社内異動を試みることはできないのか?

について、検討してみる価値がある、ということです。

もし、そのような対応策が有効と思われるのであれば、まずはそれを優先して実践しましょう。

3.転職先に求めるもの

ただ、上記対応策を行っても解決できなかった、もしくは、それらの対応策を行うことができなかった、ということであれば、いよいよ転職を検討することになります。

上記のように辞めたい理由が明らかになっていれば、自ずと転職先に求めるものが明確になってきます。

例えば、やりたい仕事ができない、という方は、多数の求人からやりたい仕事を探す必要があります。

現在の給与に不満を感じる方は、求人の給与条件の確認は必須です。
倒産を経験した方は、求人会社の経営状況をしっかりと確認する必要があります。

ただし、「人間関係」がうまくいくかどうかだけは、入社してからでないとわかりません。
残念ながら、事前にそれを判断することは出来ないのです。

それでも、現在、人間関係で辛い思いをして精神的にダメージを受けているなら、転職を検討すべきだと思っています。
私も転職を決意した、辛かった日々で書いているとおり、職場で辛い経験をしていますが、退職により全て解決した経験をしているからです。

同じ失敗を繰り返さないためにも、まずは、辞めたい理由を明確にすることは、とても重要なことなのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする