転職成功の要素はコレだ!転職するなら、これらの習得に集中すべし!

転職成功の要素はコレだ!転職するなら、これらの習得に集中すべし!


転職を決意したのであれば、必ず成功したいと誰もが思いますよね。
では、転職で成功するために必要な要素(ポイント)を全てご存知ですか?

断片的には想像できている方もいらっしゃると思いますが、その要素を全て把握している方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

そもそも「転職学」なんていう学問がある訳ではないので、そういうことを体系的に整理している人もいないでしょうし、それを理解して転職しようとしている人も少ないですから、そんなことはわからない方ばかりでしょう。

ただ、そのことを知っていて転職活動を行うのと、そうでない場合を比較すると、転職先や転職条件に関する満足度、転職までにかかる期間等において、大きく違ってくることになるでしょう。

そこで以下では、私の今までの経験に基づき、転職成功の要素について簡単に整理してみましたので、是非参考にしてみてくださいね。

1.スキル

転職(中途採用)で企業側が求める人物像は、「即戦力」になれる人です。

そのため、求人が求める必須要件を満たすだけのスキルがない限り、応募すら出来ません。
また、その応募要件を満たしていたといって応募したとしても、高いレベルのスキルが備わっていなければ、他の応募者との相対比較により採用まで至らない、ということもあります。

そのため、転職成功の要素として「スキル」というのは非常に重要なものになります。

自分が希望している職種・業種・ポジションに関する求人の必須要件(スキル)を、今の自分が満たしていないのであれば、それを取得するまで、転職を保留するような判断も必要になります。

それほどに重要なスキルですが、具体的にはどんなスキルを身につけていく必要があるのでしょう。
以下ではそれを整理しています。

①業務スキル

求人で必須要件として求めているものは、ほとんどが業務スキルです。
そのスキルも大別すると、

  • 職種に関するスキル
  • 業種に関するスキル
  • マネジメントに関するスキル
  • その他、業務遂行に必要なスキル

に分けられるでしょう。
詳細は、転職で求められるスキルはコレだ!、で触れていますので、是非、参考にしてみてくださいね。

②ヒューマンスキル

ヒューマンスキルについては、「対人関係能力」と呼ばれることもありますが、人間関係を良好に保つために必要な能力のことを指しています。

業務スキルのように、求人の必須要件として求められることはほとんどないですが、ヒューマンスキルが不足していると、社内外の関係者とうまくコミュニケーションすることが出来ず、スムーズな業務運営が出来ない等の支障が発生してしまいますので、採用する企業側では、面接の際にしっかりチェックすることになります

2.転職活動のコツ

上述したスキルが十分にないと、希望の求人に応募できない、応募できたとしても他の応募者との相対比較により採用されない、ということはご理解いただけたと思います。

では、スキルがあれば転職は必ず成功するのでしょうか?

スキルがあれば転職することは可能でしょう。
ただ、本当に満足できる企業への転職、本当に納得する条件での転職、早期の転職、が出来るかは良く分かりません。

なぜなら、転職活動にはコツというものが存在しており、それを理解して、そのコツを実践しなければ、良い企業に巡り会えない、自分の有するスキルをうまく表現できない、という問題が発生するからです。

ですので、転職を成功させるためには、「スキル」だけではなく「転職活動のコツ」も非常に重要になってくるのです。

そこで、以下ではその転職活動のコツについて整理しました。

①求人の条件設定

転職を決意したら、職種・業種・勤務地・年収等に関する希望を決め、求人情報を探すことになります。

ただ、その条件設定に関してもコツがあります。

  • 現職を辞める原因になった問題がない求人を選択する必要がある
  • 職種・業種など、現職から踏襲した方が望ましい条件を決める
  • 上記で出てきた条件について、優先順位をつける

等を把握した上で、求人の条件設定を整理するべきです。

転職活動初期は、高い条件を設定して、それに該当する求人に応募する形でもいいでしょう。
ただ、ずっと書類選考・面接を通過できない状態が続くようであれば、条件を下げることも必要になります。
そういった意味でも、求人に対する条件を明確にしておき、それらに優先順位をつけておくことは、転職を成功させるために非常に重要なのです。

②求人情報の入手

求める求人に対する条件設定が出来れば、いよいよ求人を探すことになります。
それにあたっては、当然のことながら、質のいい多数の求人情報を入手する必要があります。

求人情報は、

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 新聞広告
  • 求人情報誌
  • 知り合いへのアプローチ(コネ)
  • 企業サイトの採用ページ

などから入手するすることが可能ですが、このサイトでは、転職エージェントもしくは転職サイトから求人情報を入手することをおすすめしています。

また、それら転職エージェント・転職サイトのサービスも、1つや2つに限定せず、多数のサービスを活用することにより、多数の求人情報を入手することをおすすめしています

③職務経歴書の書き方

求人に応募したら、まずは書類選考が行われます。
多数の応募者がいる中で、書類選考を通過させるには、書類、特に職務経歴書の出来栄えが非常に重要になります。

職務経歴書は全ての求職者が全て同じ書式でいい訳ではありません
職種・業種が違えば書式を変えるべきですし、職務経験の長さ等により、

  • 時系列(編年体式)
  • 逆時系列(逆編年体式)
  • 職務別(キャリア式)

を選択する必要も出てきます。

④面接対策

書類選考を無事に通過したら、次は面接となります。
ミドルの転職、つまり、相応のポジションでの再就職ということになれば、2・3回以上の面接をクリアしなければ内定を獲得することは出来ません。

面接については、よく出る質問というものがありますので、それらについて最善の回答を事前に準備して、そらで言えるように準備する必要があります

また、その他面接のポイントも理解しておく必要がありますし、想定外の質問がきた場合の対処等も事前に把握しておくことが必要です。

3.最後に

以上でお伝えしたことを図に整理すると、以下のようになります。

このサイトでは、上図の「転職活動のコツ」を中心にアドバイスさせていただいております。
上述した4つの転職活動のコツについては、転職を成功させるノウハウはコレだ!、および、転職での様々な疑問・悩みに転職成功者がアドバイス!、にて詳しくご説明していますので、是非、参考にしてください。

ただ、スキルがない限り、転職することは難しいので、それを磨くことが非常に重要であることも忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする