転職活動で成功する面接のポイントはコレだ!

転職活動で成功する面接のポイントはコレだ!

転職を成功させるために最も重要なことは面接対策です。

面接対策として重要なことのひとつは、想定される質問を把握して準備することです。
それについては、転職時の面接でよく出る質問を参照ください。

今回は、よく出る質問の項目以外の部分で、面接のポイントとなる点について触れます。

1.履歴書・職務経歴書と面接内容に一貫性を持たす

面接の機会を与えられた場合は、企業側は事前に提出している履歴書・職務経歴書に目を通しています。

面接時には、企業の面接者はそれらの書類の情報をインプットした形で各種の質問をしてくる訳ですので、その回答は履歴書・職務経歴書に沿った形で回答しなければなりません。

もちろん、履歴書・職務経歴書に虚偽の記載はしないと思いますが、例えば、職務経歴書に直近の経歴を記載し忘れていた状態で、面接時には直近の経歴についても話をする、というようなことはあまり好ましくありません。

また、面接時は緊張のあまりに舞い上がってしまう恐れがありますが、そういった時に、あまり使い慣れないフレーズを履歴書・職務経歴書や面接の回答例に入れたりしていると、どうしても面接時にそのフレーズが出てこないため、一貫性を疑われる可能性もあります。

そのため、履歴書・職務経歴書作成においても、面接の回答例作成においても、直近の経歴まで漏れなく記載し、かつ、自分の言葉で準備することが必要になります。

あまり普通は使わないけれど、今回の企業で使用したいフレーズがある場合は、面接の予行演習を十分に重ね、自分の言葉としてスラスラ出てくるまで準備しましょう。

2.転職理由と志望動機は関連させる

転職を決意したのであれば、その理由は必ず存在します。

また、対象の企業の求人を希望するからには、その求人に魅力を感じていること、そこで自分がお役に立てること、の2点は志望動機に入れている人は多いです。

ただ、漏れてしまいがちなのが、
「この企業にこの求人で採用されることにより、前職での退職理由が解決されること」
を伝えることです。

同じ理由で転職されてしまうような、定着しない人材を企業側は採用したくありません。
そのため、その企業の今回の求人で採用いただければ、こういう理由で同様の問題は絶対に発生しない、ということをしっかり伝えましょう。

3.なぜなぜなぜ、の深掘り質問に対応できるように準備する

転職理由であれ、志望動機であれ、自己PRであれ、あなたが回答してもホッとできないことが多々あります。

例えば、転職理由について質問されたため、準備していた回答をしたところ、
「○○となったため転職を考えたとのことですが、では何故○○となってしまったのですか?」
という質問を受けることが非常に多いのです。

面接時によく出る質問はそんなに多くはありません。
ただ、非常に抽象的な回答や、うわべだけの回答を準備しても、その回答だけでその質問が終わることはありません

質問への回答は、掘り下げた形で準備しなければ、面接の場でしどろもどろになり、せっかくの場を台無しにしてしまいます。

転職は人生を左右しかねない人生のイベントです。
その転職活動で最も重要になるのが、面接対策です。
人生をかけた面接で悔いのない回答が出来るように、十分な準備をして望んでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする