転職を成功させる求人検索のコツはコレだ!

転職を成功させる求人検索のコツはコレだ!

転職情報サイト・転職エージェントサービスへの登録が終わったら、いよいよ求人情報から希望の求人を探し、応募に進むことになります。
そのためには、希望条件の設定が必要です。

求人検索の際は、自分が譲れない条件を設定するわけですが、そのためには、別途ご説明している通り、現職を辞めたい理由を明確にして、かつ、現職から変えるべきでないことを見極め転職先に求めるもの(条件)に優先順位をつける、ことが必要です。

上記を行えば、転職サービスで検索を行う条件は決まるわけですが、実際に検索する場合には、少しだけプラスアルファのコツがあります。

1.求人検索のコツ

転職サービスで検索を行うコツとは、希望年収は少し低く設定する、ということです。
希望年収が600万円以上の場合の目安として、マイナス100万円程度は低く設定しても大丈夫です。
当然、そういう設定を行うと検索結果の求人数も増え、選択肢が増えます。

ただ、希望年収より100万円も低い転職先に転職したい人は少ないはずです。
そのような条件で検索して選択肢を増やす意味があるのでしょうか?
実はあるのです。

その理由ですが、年収については、交渉によりアップが可能だからです。
そのことは、求人の年収条件を100万円アップ出来ましたよ!で実証済みです。

もちろん、職種、勤務地、年収等の全ての条件を満たす求人があれば、それが一番の理想です。
ただ、私も何度か経験があるのですが、職種や詳細な職務内容は非常に魅力的であるにも関わらず、給与条件だけが希望に少し満たない、という求人が結構あるのです。

そういう場合、年収条件が満たないだけで諦めないでくださいね。
上記の通り、年収の交渉は可能ですから。

2.年収交渉について

求人に記載された年収条件を、自分の希望額まで上げたい場合の交渉には、ちょっとしたコツがあります。
このコツについての詳細は、転職で希望額の年収を獲得するためのコツを全て伝授、を参考にしてください。

年収交渉についてはいろいろとテクニックがありますので、希望の求人が見つかったら、希望の年収より少し低い程度では諦めないでもいいことを覚えておいてくださいね。

当然のことですが、応募する求人は多ければ多いほど内定をもらえる可能性も上がります。
求人検索時の給与条件を少し低くすることにより、応募したいと思える求人の数を増やして、内定獲得までの道のりを少しでも短くしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする