出戻り社員が増えている今の処世術とは?

出戻り社員が増えている今の処世術とは?

一度でも転職をしたことがある人なら、こんなことを考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか?

「あの時は辛かったけど、あの会社を辞めなければよかった。」と。

私は何度も転職を重ねていますから、そんなことを考えそうになることはありましたが、あえて考えないようにしてましたね^^

あと、退職時には、こんなことを心がけましょう、でもお伝えしているとおり、私は退職時の心得を何度も繰り返しています。

「立つ鳥、跡を濁さず」
を必ず守るように。

今、「出戻り」が結構多くなっているようですね。
一度、訳あって辞めた会社に再度入社するパターン。
また、復職を制度として認めている企業も出てきているようです。

企業側も、その企業のことを全く知らない社員を新たに採用するより、以前に働いていた社員の方が、入社後に馴染みやすい、また、キャリアを知っているので即戦力としてイメージしやすい、というメリットを感じているのでしょう。

今回は、そんな「出戻り」が増えている状況での、社会人としての振舞い方などに関する記事を見つけましたので、ご紹介します。

気になる方は、早速、覗いてみてくださいね。
「出戻り入社」への処世術
(NIKKEI STYLE)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする