年収を100万円アップした!(求人の給与条件から)|転職エピソード

年収を100万円アップした!(求人の給与条件から)|転職エピソード

ここでは、私が転職活動の中で経験したエピソードをご紹介します。
今回は、求人の給与条件から年収を100万円アップしたエピソードです。

求人に記載された給与条件よりも年収を大幅アップすることが可能だと思いますか?

結論から申し上げますと、問題なく出来ます。

私は2回ほどそのような経験をしていますが、いずれも年収を100万程度引き上げることができました。
今回はこの2回の転職エピソードについてお話いたします。

1.500万円を600万円にアップできた時のエピソード

1回目は、年収の条件が500万円であったところを600万円に引き上げることができた時の話です。

それは私として2回目の転職時の話です。
私は、今まで経験してきた職種と業種に絞り、つまり、今まで経験してきたキャリアをフルに生かすために、そのような条件で求人を探していました。

すると、近年の売上が非常に伸びている某企業の求人を見つけました。
そこは業容拡大による増員に伴う求人でした。

私は成長企業に勤務することを望んでいたため、非常に魅力的な求人でした。
ただ、当時の私の年収が600万円だったため、給与条件が私の年収を100万円下回っているこの求人に応募するかどうか非常に悩みました。

ただ、こんなに売上が伸びている企業は他になかったので、最終的には将来性も見据えた中で応募してみました。

企業側には、書類選考の時点で私のキャリアに興味を持っていただけ、すぐに面接を行うこととなりました。
面接はスムーズに進み、唯一、年収の件だけ懸案事項となりました。

当初は、企業側から何とか500万円で納得いただけないか、というお願いがありました。
ただ、私は、会社・業務内容に非常に魅力を感じているのですが、現行の年収を大幅に下げざるをえないのであれば入社は難しいので、何とか現行の年収分をいただきたい旨のご相談をしました。

その時の面接での即答はありませんでしたが、最終的には600万円の年収での内定を出していただきました。
その後、私はその企業に転職しました。

この経験をして、企業側にとって必要不可欠な人材である、と判断されたら、年収の条件は検討していただけるんだ、ということを学びました。

2.600万円を720万円にアップできた時のエピソード

2回目は、年収の条件が600万円であったところを720万円に引き上げることができた時の話です。

実は、その当時の私の年収は800万円でした。
ですから、私が応募した求人の年収条件とは実に200万円もの差があったのです。

そもそも、そんなに年収の差があるなら応募しなければいいのに、と思われるかもしれませんが、私には、ある思いがあったのです。

その求人は私の望む職種・業種のものでした。
自宅からの通勤時間も問題ありませんでした。
ただ、それだけでなく、その企業の取り扱っている商品は、私の故郷の商品だったのです。

私はもともと非常に地元思考が強く、首都圏に出てきたのがミドル世代になってからと遅かったため、他の首都圏に住んでいる方に比べると郷土愛は強い方です。
そういう私が、首都圏で働きながら故郷の商品を取り扱う企業に就職できることは、非常に魅力的だったのです。

その企業も、私のキャリアに興味を持っていただけ、とんとん拍子で面接は進み、社長面接もクリアしました。
あとは給与条件の提示を待つのみでした。

私は、大きな差があるのですが、800万円の提示をいただけることを期待して待っていました。
企業側も真剣に検討していただきました。

結局、最終提示が720万円でした。
あと80万円でした。

結局、並行で進行していたもうひとつの求人(私の望む職種・業種の)の方が、800万円の提示をしていただけたので、上記の企業に転職するという選択はしませんでした。
お金だけにこだわるつもりはありませんでしたが、80万円の差は大きかったです。

この2回の経験をして、企業側にとって必要不可欠な人材である、と判断されたとしても、年収条件が200万円乖離していると難しいんだな、上乗せできるとしても100万円程度なんだな、ということを学びました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする