面接でカラスの色の質問されたことある?|転職エピソード

面接でカラスの色の質問されたことある?|転職エピソード

ここでは、私が転職活動の中で経験したエピソードをご紹介します。
今回は、面接で経験したエピソードです。

カラスの色は白い?

以前、ある専門商社の面接を受けた時に、こんな質問を受けました。

上司が「カラスは白いよな?」と言ってきたら、どう答えますか?

よく面接で聞かれる質問に関しては準備していましたが、こんな質問は想定していませんでした。

その後、ネットで調べてみると、以前からそのような質問がされるケースもあったみたいでした。

永田町では、代議士の秘書の心得として、
「はい。私も白いと思います。」
「はい。カラスは真っ白です。」
と答えるべきと言われているようです。

絶対服従を美徳としている訳です。
確かに、組織としてボスの言うことは絶対ですが、明らかに事実と異なる認識について、部下が異を唱えることは正しい行為です。

任務遂行において、「必要」かつ「適切」な範囲においてのみ、命令は「絶対」になる、と解釈するのが、通常の社会では適切だと思いますので。

私はこう答えた

上記質問を受けて、私はとっさに以下の回答をしました。

ネットや本でカラスの画像を探し、
「カラスはこれですが、白に見えますか?」
と上司にご確認いただく。

誤ったことを受け入れることは良くないと思っていたため、白であることを肯定できませんが、強くノーと言うのも角が立つ、と思っての判断でした。

この企業からは無事に内定をいただきました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする