ヘッドハンターが語る「転職に成功する人」とは?

ヘッドハンターが語る「転職に成功する人」とは?

私は、今の職場で不満があるのであれば、我慢の先に素晴らしい未来などないから、転職を検討してみるべき、とお伝えしています。

ただ、その前提は、今の環境でその不満を解決することが困難ということがはいっきりしている、ということです。
つまり、その不満に対して何らかのアクションを起こし、改善を試みて、それが改善できなければ転職を検討すべき、ということです。

また、私は転職で年収を下げることはありませんでした。
そうならないように、職種・業種について一貫性のある転職をし続けてきたためだと思っています。

ただ今後、不幸にして、やりがいを感じる仕事が見つかったのに、年収がどうしても現職に届かない求人しか見つからない、という状況が発生した場合、その年収の差額次第という部分はありますが、その企業への転職を検討する可能性は高いと思っています。

今の環境で本当の自分を出せないのであれば、自分を出せる環境に身を置いて仕事に取り組みたい、と思うからです。

上記のような、転職の前提や転職後の年収について私が考えていることを、エージェント側からの視点で書いた記事を見つけましたので、今回はこれをご紹介します。

気になる方は、早速、覗いてみてください。
ヘッドハンターが語る「転職に成功する人」
(Sankei Biz)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする